Loading

BLOG

ブリーチなしのアッシュ系カラー厳選24スタイルと綺麗に染める方法

*この記事は2018年11月22日に追記しました。

アッシュに染めたいけど、どうしたら綺麗に染まるの?ブリーチはやっぱり必要なの?自分でも染められるの?黒髪からでも出来るの?ブリーチなしでアッシュに染めるとどんな感じ?

今回、そんなアッシュ好きの悩めるあなたに、アッシュ自体の色味の説明、ブリーチのしくみ、ブリーチなしでアッシュに綺麗に染まる方法、そして、僕が実際にブリーチなしで染めたアッシュ系のヘアカタログをご紹介させていただきます。アッシュグレー、ブルージュ、グレージュ、スモーキーアッシュ、ラベンダーアッシュ、シルバーアッシュなどと、アッシュの中でも様々なアッシュがありますので、ぜひご参考ください。

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。アッシュが好きです。大好きです。お寿司も好きです。信念は「白シャツで、カレーうどんを思いっきり食べる」です。


ブリーチなしのアッシュ系カラーの魅力。

 

いつの日か、あなたは胸をドキドキさせながらあのモデルさんのような、あの写真のような綺麗なアッシュに染めて欲しい!と美容師にお願いしたことがあるのではないだろうか?
しかし、残念ながら美容師からの返答は「これ、ブリーチしないと出せないですね。ぷぎゃ。」だった。あなたはその瞬間、膝から崩れ落ち夜も眠れず最終的にお尻が二つに割れてしまったことだろう。

  • なぜアッシュ系にするにはブリーチが必要なのか?

我々日本人のもともとの地毛の髪色は、「黒」です。これは、メラニン色素というものが髪の中にたくさん存在し黒髪になっているのですが、基本的にヘアカラーをする際、このメラニン色素を削りながら色を入れていくことになります。

そして、この地毛の黒髪ですが、黒の色素の中にたくさんの赤みが存在します。

この赤みが、アッシュカラーをする際にアッシュに染まる邪魔をしまくるのです。
アッシュとは、ヘアカラーの世界で青色、または青灰色を指します。普通のアッシュを黒髪に施した場合、赤みの強さ、赤みの多さに負けて、普通の茶色いブラウン系の髪色になるのです。

  • そこで、ブリーチの登場!

ブリーチとは、先程言ったメラニン色素を一気に削りまくるもの。ただただ純粋に色素を削るための薬剤です。色は入りません。
ブリーチしたら髪が黄色っぽくなると思いますが、あれは黄色に染めているわけではなく、色素が抜けた結果の色。(ちなみに、数回ブリーチし色素を抜きまくったら、になります。)

邪魔な赤みを消して、その上からアッシュを入れると、アッシュを邪魔する要素はないので綺麗な透明感ある髪色になります。(黒い画用紙に青のペンで文字を書いても見えないが、白い画用紙だと鮮明にわかるのとイメージは一緒)

なので、ブリーチをしないとアッシュに出来ない」ということに。

 


では、ブリーチしたくない人はアッシュに出来ないのか?

ブリーチをしたくない、出来ない、という方はとても多く、そのほとんどの理由が「傷み(ダメージ)」「印象が派手」「色落ちの速さ」です。あなたもきっと同じ理由ですよね?

ブリーチをしたら綺麗なアッシュに染まる。けれどそれ相応のデメリットも存在します。デメリット覚悟でブリーチをする方は良いと思いますが、あなたはブリーチしないでアッシュにしたいはず。ブリーチなしで綺麗なアッシュに出来るのか。そのことを考えに考え、合コンに行ってもそのことばかり考えていた僕は、ある答えに辿り着きました。

ブリーチしたアッシュにブリーチなしでするのは難しい。しかし、近づけることは出来る。

ブリーチをしていない髪は、必ず赤みが存在しています。まずこの赤みをどうにかしなければいけません。しかも、この赤みの量、種類は、一人一人必ず違います。赤みが濃い方もいれば薄い方もいるし、赤みが多い方もいれば少ない方もいます。

ですので、赤みを出来るだけ削りながら(抑えながら)アッシュを入れられるよう一人一人に合わせた薬剤選定が必要になります。

でも、ブリーチで赤み削ってないのに、どうやって赤みを消すの?抑えるの?と思いますよね?

結論から言うと、カラー剤の濃い色素を使って消していきます。あと、僕のセンスです。

例えば、普通のアッシュのカラー剤が一本あります。この一本のアッシュをブリーチしていない髪に施したとしても、赤みが邪魔をし普通のブラウンになります。

ですので、赤みを消すことに優れた濃い色素が入ったカラー剤をミックスし、赤みを消しながらアッシュにしていくのです。

ちなみに、この濃い色素のカラー剤の種類や色味、ミックス比率は髪質に合わせて決めていきます。こういう髪質だから緑を使おう、赤みが多いから30%入れよう、となります。

このように薬剤選定、色味をミックスし適した選定をすることによって、ブリーチをしなくてもアッシュ系の色味を発色させることが出来るのです。

そして、はっきり言ってこれはご自身で、ご自宅でするセルフカラー(市販のカラー剤)では出来ません。というか、かなり難しいです。

市販のカラー剤で、赤みを抑える特殊な色味を濃く発色させるものはありません。それがないと、赤みを抑えながらアッシュを発色させることは出来ないからです。

我々プロは、技術、経験、知識、愛情、優しさを最大限活用し、お客様一人一人の髪質に合わせた薬剤を使用します。

そこで、僕が愛をもって施術させていただいたブリーチなしアッシュカラースタイルをご紹介させていただきます。

透明感が凄い!ブリーチなしアッシュカラーのヘアカタログ!

様々なアッシュ系の色味を明るさ別に多数ご紹介致します。カラーレシピも合わせてどうぞ。
(☆使用薬剤☆  BA、Blue、Gray、Green、PV→アソートアリア©︎     A、MT、CB→プロマスターピグメント)

 

ブリーチなしの ブルージュカラー

 

  • 根元リタッチ部→6BA:CB5    5:1
  • 根元以外〜毛先→A6p:6Gray:CB5p    3:1:10%

 

  • 根元リタッチ部→6BA:8BA:CB5    1:1:20%
  • 根元以外〜毛先→A8p:A7p:MT7p:CB5p    1:1:1:30%

 

  • 根元リタッチ部→8BA:CB5    4:1
  • 根元以外〜毛先→A8p:MT8p:CB5p    2:1:20%

 

  • 根元リタッチ部→10BA:CB5    3:1
  • 根元以外〜毛先→A9p:A8p:MT8p:CB5p    2:1:1:1

ブリーチなしブルージュカラー カタログ

 

ブルージュとは、ブルーベージュの略語です。ブルーの濃い色味をベージュで柔らかくし、しっかりとしたブルーの色を透き通るようにしたカラー。ブルーは基本かなり発色しづらいので、レシピはブルーがメインとなり、モノトーンをやや加えるように。ブルー自体も様々で、濃いコバルトブルーやネイビー、明るいブルーなどを織り交ぜたレシピにしましょう。

ブリーチなしのグレージュカラー

  • 根元リタッチ部→6BA:CB5    1:1
  • 根元以外〜毛先→A7p:6Gray:CB5p    1:1:20%

 

  • 根元リタッチ部→8BA:6BA    2:1
  • 根元以外〜毛先→A8p:MT7p:    2:1

 

  • 根元リタッチ部→6BA:8BA    1:1
  • 根元以外〜毛先→A7p:MT9p:CB5p    1:1:10%

 

  • 根元リタッチ部→10BA:8BA    1:1
  • 根元以外〜毛先→A9p:MT8p:8Blue    2:1:1

【明るめ〜暗めまで60選】ブリーチなしのアッシュグレージュカラー

ブリーチなしグレージュカラー カタログ

 

グレージュとは、グレーベージュという略語です。濃いグレーを発色させながらベージュで柔らかくしたカラー。かなりの透明感と透き通るような色味が特徴です。ブルージュと同じく、グレー自体が発色しづらい色味なので、グレーを発色させることをまず考え、ブルーやグリーンを駆使しグレーを発色させ、モノトーンで柔らかく仕上げるレシピにしましょう。ブルージュもグレージュも、結構むずいです。

ブリーチなしのスモーキーアッシュカラー

  • 根元リタッチ部→6BA
  • 根元以外〜毛先→A6p:MT6p    1:1

 

  • 根元リタッチ部→6BA:8BA    1:1
  • 根元以外〜毛先→A7p:MT8    1:1

 

  • 根元リタッチ部→8BA
  • 根元以外〜毛先→A9p:A8p:MT8p    2:1:2

 

  • 根元リタッチ部→10BA
  • 根元以外〜毛先→A9p:MT9p    2:1

【透明感】ブリーチなしスモーキーアッシュカラーの人気スタイル!

ブリーチなしスモーキーアッシュカラーヘアカタログ1

ブリーチなしスモーキーアッシュカラーヘアカタログ2

スモーキーアッシュは、とにかく透明感を求めまくったカラーになります。文字通りスモークさせたような、灰色を全面に押し出したカラーになります。もちろんアッシュベースなのですが、モノトーンの役割も必要で、髪質に合わせてなるべく赤みを抑えつつ、灰色であるモノトーンの比率を同じくらいにしましょう。

ブリーチなしのアッシュグレーカラー

  • 根元リタッチ部→6BA
  • 根元以外〜毛先→A7p:A6p:6Gray    1:1:2

 

  • 根元リタッチ部→6BA:CB5p    5:1
  • 根元以外〜毛先→A7p:6Gray    5:3

 

  • 根元リタッチ部→6BA:CB5    2:1
  • 根元以外〜毛先→A7p:6Gray    1:1

 

  • 根元リタッチ部→10BA:CB5    2:1
  • 根元以外〜毛先→A8p:8Gray:8Blue    1:1:1

ブリーチあり、なしで染めたアッシュグレーの違いや綺麗に発色する方法を解説!

ブリーチなしグレーアッシュカラーヘアカタログ1

ブリーチなしグレーアッシュカラーヘアカタログ2

アッシュグレーはもう本当僕が大好きなカラーで、「お任せで」と言われたらアッシュグレーか丸坊主にするくらい、アッシュグレー推しです。アッシュグレーは、モノトーンなどの透け感重視のものは除外し、アッシュの青味とグレーの濃さのみで構成しましょう。重厚感のあるカラーだけど、アッシュの透明感はありますので、軽い印象になります。

ブリーチなしのラベンダーアッシュ(ピンクアッシュ)

  • 根元リタッチ部→6BA:8PV    4:1
  • 根元以外〜毛先→A7p:6GRAY:6PV    3:1:1

 

  • 根元リタッチ部→6BA:8BA:8PV    2:1:1
  • 根元以外〜毛先→A7p:MT7p:8BV    3:1:1

 

  • 根元リタッチ部→10BA:8PV    4:1
  • 根元以外〜毛先→A9p:10PV    3:1

 

  • 根元リタッチ部→10BA:10PV    3:1
  • 根元以外〜毛先→12BA:10PV    5:2

【明るめから暗め21選】ブリーチなしのラベンダーアッシュカラー

ブリーチなしピンクアッシュカラー(ラベンダー)のヘアカタログ

ラベンダーアッシュは、フェミニンで可愛らしいイメージの方にお似合いです。寒色系バリバリのグレージュやブルージュなどとは違い、ほんのり香るくらいのピンクやバイオレットを配合したカラーになります。普通のアッシュグレーなどに飽きた方にもとてもおすすめで、ラベンダーアッシュグレーなどもとても綺麗なカラーです。

ブリーチなしのシルバーアッシュカラー

  • 根元リタッチ部→8Blue
  • 根元以外〜毛先→A8p:MT9p:8Blue    1:1:1

 

  • 根元リタッチ部→6BA:8Blue    1:1
  • 根元以外〜毛先→A7p:8Gray    4:1

 

  • 根元リタッチ部→6BA:8Blue:8Green    4:1:1
  • 根元以外〜毛先→8Green:A8p:MT9p    2:1:1

 

  • 根元リタッチ部→8Blue
  • 根元以外〜毛先→A8p:MT8p:秘密剤    7:2:2

ブリーチなしでシルバーアッシュにする方法とコツ

ブリーチなしシルバーアッシュカラーヘアカタログ

シルバーはかなり発色が難しく、髪の状態によっては出来ない場合があります。レシピも状態によって大きく変わります。ブリーチなしでシルバーにするわけですので、特殊な薬剤も使う場合がありますが、これは秘密にしておきます。シルバーアッシュは、本当ナイスなカラーなんです。

 

ブリーチなしアッシュカラーまとめ

ブリーチなしでアッシュにするには、赤みを消せる、抑えれる色素をミックスしなければならない。そしてこれに正解はなく、一人一人の髪質に合わせたレシピが必要不可欠になります。ブリーチしてから染めたアッシュには敵わない、というのが現状ですが、ブリーチのデメリットを考えダメージレスでアッシュにしたい方は、ぜひご参考いただけると幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

縮毛矯正の失敗による傷みとクセを髪質改善ストレートで直しましょう!

透明感アッシュのグラデーションカラーにブリーチなしで染める方法!

最近の記事

PAGE TOP