Loading

BLOG

私のマットグレーカラー!赤みが全くないカラーの秘密。

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。重たい映画を観た後はずっとシュールな画像を見てバランスを取るようにしています。

例えばこんかやつとか。

 

そんなことはさておき、今日は全く赤みのないカラー、マットグレーカラーをご紹介します。

もちろん、痛ませたくないあなたのために、ブリーチなしのカラーとなります。

赤みを1番消せる色というのは、実はマットなわけですね。マットとはいわゆる緑なわけなんですが、なぜ僕がマットと言うのかというと、もちろん横文字のほうがカッコええやん、ということですね。

吉幾三がOKレッツゴーということでもありますよね。ええ。

ブリーチなしでなるべくブリーチしたような赤みがなく透明感のあるカラーにしたい時、僕はいくつか気をつけている点があります。

まず、センタリング。あ、違うわ、それはサッカーのサイドからゴール前にボールを蹴るあれや。何言うとんねん。ダイビングヘッドしたろか。

カウンセリングですね。カウンセリングでお客様の髪質を把握しないとトークになりません。あ、話になりませんっちゅーことね。

髪は細いのか、太いのか。量は多いのか少ないのか。パーマはかけているのか?黒染めなどしていないか?メラニン色素は赤なのか黄色なのか?染まりやすいのか?昨日の晩御飯は?うどん派そば派?それともパスタ派?僕はそば派。コンビニのコーヒーを淹れてるとき何を考えているか?僕はちなみにだいたい爪を見ています。スギちゃんはどこに行ったのか?

数えきれないほどの事をカウンセリングで聞き出し、最終的には「最後の晩餐は何がいいか」までを聞き出して、カラーのレシピを考えます。

そして、どんな色にしたいか。

僕のお客様は100人中1309人がアッシュに染めるくらいアッシュ好きが集まります。ディズニー好きがディズニーランドに集まる率より高いということになっておりますね。

今回は、マット、もしくはオリーブの色合いにしたいとのことでしたので、髪質を見極め、そうさせていただきました。

マット系にするさいは、マットを入れる量が非常に重要になってきます。マットは、入れ過ぎれば黒くなったり「藻」みたいになってしまうし、足りなければ赤みは消せず色も乗らず茶色になるしで、センスが問われるカラーとなります。

しかし、僕のマットを入れるセンスたるや誰もが一目を置く存在であり、あまりのセンスの良さに街を歩いていると時々胴上げされるレベルです。

そんな僕のマットグレーカラーが、こちらだ。

赤みはなく、透き通るような質感。

ブリーチなしでさせていただきますので、ご興味ある方は、ぜひ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

かっこつけてフレンチでペアリングする天パなワタス

ブリーチした髪を黒髪に近いダークグレーに!

PAGE TOP