Loading

BLOG

ストカールって何?おすすめする理由や特徴、ヘアスタイルをご紹介!

今回は、「ストカール」という技術を徹底的に掘り下げます。いったいストカールとは何なのか?メリットやデメリットは?技術的なやり方、方法は?わたしもストカール出来るの?などなどをひとつひとつ、ご説明させていただきます。

わたくし、東京の原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。好きな言葉は「うんち」です。

ストカールとは?

ストカールとは、ストレートとカールを組み合わせたスタイルで、クセを取り除きながらパーマをかける技術になります。

クセやうねりに悩む方、縮毛矯正をしてシャキーン!と毛先まで真っ直ぐぺちゃんこになってしまうのがお悩みの方には、とてもメリットが大きい技術ですね。また、クセはなく毛先にはカールがありますので、基本乾かしただけでスタイルになってくれるので、スタイリングに時間がかからないし、アイロンで巻くのが苦手な方にもオススメです。

ストカールの技術、内容は、サロン、美容師によって違う。

ここでいきなり衝撃的な発言をしますが、ストカールといっても、お客様一人一人、美容師一人一人、サロン毎に、おそらく技術的な解釈、内容、方法が違うのではないか?と僕は思っております。

グーグルで「ストカール」や「ストカール やり方」など調べてみていて、それは確信に変わりました。

様々なストカールのやり方

大きく分けて3つご紹介致します。

  1. 縮毛矯正をかけた後に、パーマをかけるやり方。
  2. 縮毛矯正をかけて、途中で高温ロッドを使用してカールをつける、いわゆるデジタルパーマ。
  3. 縮毛矯正、ストレートパーマをかけながら、その一剤のみの力でカールをつけるやり方。

ひとつひとつ、メリット、デメリットを交えながらご説明させていただきます。

1は、単純に縮毛矯正、ストレートパーマをかけてから、後ほどパーマをかけるスタイルです。工程として、施術内容がはっきりと二分化した工程で、かなりの時間がかかります。最大の特徴として、縮毛矯正による1剤、パーマによる一剤、2度のアルカリ還元剤を使用するため、髪に対する負担はかなり大きく、要するに死ぬほど傷みます。メリットとしては、ワンカールだけでなく様々なスタイルのパーマが自在にかけれることで、デメリットは死ぬほど傷むのと時間がかかりすぎるのと(4〜6時間)、コストがかかります。コストに関しては、メニューとしても完全に分けられているので、普通に縮毛矯正代+パーマ代になるためです。

2に関しては、これは、確かにストカールはストカールですが、完全にデジタルパーマです。というか、「デジスト」とも呼ばれる技術ですね。デジタルパーマは、一剤を付けて、高温ロッドで形状記憶させるパーマ技術ですが、この一剤、クセやうねりもガンガンに伸ばせますので、クセ、うねりがある方には、それらをアイロンでストレートに伸ばし、その後高温ロッドでパーマをかけれます。
メリットとしては、形状記憶させるパワーがとてもあるので、とにかくカールのリッジはかなり出ます。様々なパーマスタイルに適応出来ることでしょう。技術的にも縮毛矯正をかけながらのパーマをかけるため、1に比べて時間はかなり短縮されます。デメリットは、やはりこれもダメージ、つまり傷みですね。一剤のパワーもえげつないですし、高温ロッドがとても傷みに繋がっております。タンパク変性も強く起こしており、髪が硬くなります。また、ヘアカラーにおいても影響を及ぼします。デジタルパーマをかけている方、毛先のほうが根元あたりに比べてとても暗くなったことはありませんか?これは、タンパク変性によって起こる現象です。
※タンパク変性➡毛髪の世界では熱によって引き起こされるもので、たんぱく質が不溶性になり、毛髪が硬くなる。

3に関していうと、もちろん、1でも2でもない方法です。簡単にいうと、縮毛矯正、ストレートパーマ剤である一剤を塗布し、アイロン工程が終了した後、2剤をつける前に水、タンパク質、油分を補給しながらロッドでカールをつけるやり方です。最大の特徴は、傷みの大きな原因である1剤は1度しか塗布しないこと、高温ロッドではなく普通のロッドで巻くことです。
僕が今回ご紹介したいストカールがこの方法である。今回はそのやり方、メリット、デメリットを深掘りします。(個人的には、1.2はオススメしません。死ぬほど傷むので)

ストカールのメリット、デメリット。

先ほど記載した3のやり方で施術するストカールのメリット、デメリットを細かくご紹介させていただきます。

ストカールのメリット
  • 1剤は1度だけ。なので圧倒的にダメージが少ない。
  • むしろ、うまく薬を作用させると髪質が改善され、ツヤが出てサラサラにまとまる。
  • 普通のパーマ、デジタルパーマなどでは絶対に出せない弾力のあるカールが形成される。
  • 毛先までツヤがある。
  • カールの持ちが良い。(2〜4ヶ月)
  • ブラシやアイロンを使わず、手で乾かしただけで綺麗にまとまり、スタイルとして完成している。
ストカールのデメリット
  • カールの種類が限られる。(S字カール、もしくはワンカール)
  • ストカールを施術出来る髪の状態が、限られる。

 

ストカールを施術出来る髪の状態とは?条件とその理由。


ほとんどメリットしかないのでは?と思うかもしれませんが、デメリットである「
ストカールを施術出来る髪の状態が限られる」がとても厄介なので、詳しく説明させていただきます。

ストカール出来る条件

まず、施術出来る状態の条件を挙げさせていただきます。

  • ブリーチをしていないこと。
  • かなり強い縮毛矯正剤を使用した履歴がないこと。
  • デジタルパーマの履歴がないこと。
  • 縮れているようなとても強いクセでないこと。
  • ある程度のクセであること。
  • ど直毛ではないこと。
  • ダメージ、傷みが蓄積し過ぎてないこと。
  • ロング過ぎず、梳きすぎてないこと。
  • ショートボブ以上の長さであること。

といった具合に、条件がなかなか多く、施術出来る髪の状態が少ないのです。

~その理由~

ブリーチしている髪は、髪の中のパーマがかかるタンパク質を多く流出している状態なので、まず絶対かかりません。強い縮毛矯正、デジタルパーマに関しては、過度なタンパク変性を引き起こしているため、カールがかかりません。傷むだけです。
そして、クセの種類なのですが、縮れているようなクセの場合、かなり強い1剤(高アルカリ高還元、だいたい強いチオ)を使用しなければならず、この薬剤ではストカールは出来ませんので、クセが強すぎる方は断念です。そして、ストカールはクセを利用してかけます。直毛ではカールはかからない、というか、直毛の方は普通にパーマかけたほうがいいですね。
また、ブリーチもそうですが、ダメージ、傷みが蓄積されまくっているとかかりません。というか、薬剤を付けれない状態、場合が多いです。長さ的には、ロング過ぎるとうまくかかりません。おそらくダメージの心配もありますし、毛先が薄くなっている可能性が大きいからです。毛先の毛量、質感は重ためがオススメですね。ですので、ストカールをなさるお客様は必ずカットを2㎝以上はさせていただき、ダメージと重たさを改善しております。
今これらの条件を見て、「ぐぬぬ・・・」となった方もおられるかと思います。

初来店で、条件が足らずストカールの施術を断念する、ということは、正直多々あります。1番は、強い縮毛矯正剤を使用した履歴がある、という方が多いです。しかし、条件が揃えば、ストカールは絶対にしたほうがいい、と断言します。それくらい、デメリットがなくメリットばかりの技術です。

ストカールのやり方!方法、施術工程。

おそらく一般の方はなんだかよくわからないと思いますが、条件をクリアして施術をお受けするイメージとして、ご覧ください。

①カウンセリング。
なりたいイメージ、スタイルを確認。毛髪診断を行い、出来るか出来ないかを判断。視診、触診で髪質、状態を判断。この時にほぼ使用する薬剤のイメージを行う。そして出来れば今観ているドラマを聞き出す。

②シャンプー、ベースカット。
シャンプーを行なった後、濡れた髪の状態を確認する。ここではっきりと薬剤の配合を判断する。ベースカットしながら、「陸王」の竹内涼真くんが、とてもいいよね、という話をする。

③ナノスチーム、1剤塗布。
1剤塗布前にナノスチームを噴霧。薬剤の浸透促進、クセの構造を変えやすくするためだ。実はこのナノスチームがとても大事です。必ず怠らないこと。
1剤は、システアミン+チオ、またはシステアミン+シス、のダブル還元であること。オススメは+チオ。髪が痩せていたり老毛化している場合はシスがオススメ。ちなみに僕はプライアスウィークを使用しています。昔の研究段階でシステアミンのみでやった場合もありましたが、ストカールのリッジが弱く根元のクセの強さや種類の幅に対応しきれないため、システアミンのみの薬剤はオススメではないですね。
そして、チオベース、シスベースもオススメではありません。ストカールは基本システアミンベースです。ダメージ状態において、もちろん根元や中間、毛先の薬剤の強さは変えること。

④1剤流し&ドライ
僕は流したあと、もう一度ナノスチームを噴霧します。粗めのコームでストレートにしながら噴霧することによりストレートのクリープを促します。そして、ドライですが、ドライした段階で根元から毛先までサラサラのツヤツヤのストレートになっていること、クセが取り除かれていることが理想です。

⑤アイロン
クセが取り除かれているからといって、アイロンは省かないように。アイロンの工程が、実は今回のストカールでは必要不可欠です。ツヤとストレートの持ちを促進するだけでなく、ストレートのクリープを完全なものにし、カールをつけるベースが整います。そしてこの時、だいたい恋愛の話をしています。僕は。

⑥カールをつけるため、ワインディング。
⑤までは普通のストレートパーマや縮毛矯正の工程で、ここの⑥では2剤塗布になります。が、これはストカール。ここからロッドを巻きます。
ドライしアイロンが終わっている完全に乾いた髪に、水、タンパク質、CMC、出来ればヘマチンを塗布し、ロッドで巻いていきます。タンパク質、CMC、ヘマチンなどがわかりませんよね?トリートメントのようなものだと考えて下さい。これでかかるの?とか思うんでしょうが、これでガンガンにかかります。
※もちろん、巻くところだけに水などはつけてください。つまり毛先のみ濡れている状態ですね。
ロッドは、理想のカールの大きさの二つ下くらいを選んで下さい。(例→26mmくらい出したいな、であれば、20mmのロッドを使用)

⑦ナノスチーム噴霧&2剤塗布
ここでまたナノスチームです。だかしかし、ここのナノスチームが1番大事です。もちろん、クリープを促しているわけですが、ストカールは、いわゆるダブルクリープの考えです。ストレートのクリープを促した後、カールのクリープを促します。つまり、アルカリ剤や還元剤を再び塗布するわけではなく、クリープの作用、力のみでカールをつけているのですね!ストカールは!ひゃはっ!やばい、興奮してきちゃった。だから、1番最初の1剤を1度のみなのに、カールがかかるのです。

ナノスチーム噴霧後、2剤をかけます。もちろんロッドの方にはリキッドタイプを。タイムはお任せしますが、普通のパーマと変わらず、もしくは気持ち短めで結構です。ロッドアウト後、根元から毛先までクリームタイプを塗布して下さい。

⑧流し、ドライ、仕上げ。
乾かしている段階でもう、勝手にまとまってきます。手触りも良いです。この時の僕は、今まで散々した恋愛やドラマ、ご飯屋さんの話はいっさいせず、乾かし方をレクチャーさせていただいております。難しくはありません。少しのコツを踏まえながらバァ〜っと乾かせば完成です。

綺麗なワンカールですね!

施術をする上で気をつける点

やはり薬剤選定、配合ですね。ここでほぼ、仕上がるクオリティの7〜8割決まります。これは経験、知識、技術力がものをいいます。
そして、ナノスチームを噴霧するタイミングもそうですが、クリープの理論をしっかり理解することが大事です。パーマ系は特に、なぜそうなるか、なぜそうするかが論理的に説明出来なければいけません。そしてそこに、経験、技術力さらに言い方悪いかもしれませんが、経験に基づく「勘」が加わって初めていい技術が行えるのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?いろいろなストカールの種類、やり方がありますが、これがちゃんとしたストカールという技術だと、僕は思います。他のやり方ももちろんストカールです。否定はしません。

出来る髪質、状態の方は、全力でオススメします。

今までのストカールの記事も、ぜひお読みください。ストカールで仕上げたヘアスタイル、様々な施術事例を記載しております。

クセ,痛み,手間を解決!ストレートにワンカールを加えるストカール!

クセを直毛に毛先はワンカール。同時施術のストカールがオススメ!

根元ストレートパーマの毛先ワンカールのストカールがオススメ。

ストカールという技術。クセは真っ直ぐ毛先はワンカールにするンゴ。

クセは真っ直ぐに、毛先にはワンカール!ストカール技術をご紹介!

バサバサくせ毛を真っ直ぐにしてさらに毛先にワンカールかけるストカール!

ボブスタイルにうってつけのストカール。毛先ワンカールでまとまるお。

ストレートパーマにプラスα!ワンカール加えたストカール!

乾かしただけで完成。クセ毛を綺麗にストカール!

クセ毛のための、根元ストレート毛先ワンカール。それがストカール。

 

よかったらぜひ、ご参考下さいませ。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

~黒染め~ ぜひもう一度再認識を。

ブリーチなしで明るめ可愛いミルクティーカラーに染めたお。

PAGE TOP