Blogブログ

【最新版】ブリーチなしで染める濃いグレーカラー9スタイル!

わたくし、原宿、表参道でアッシュ系カラー専門の美容師をしている楠本真澄です。リップクリームをすぐ失くすのが悩みです。この記事では、ブリーチなしで染めたとても濃いグレーカラーをご紹介致します。染まりやすい条件や状態、お肌の色との相性、色落ちの仕方なども記載してますので、ぜひご覧ください!

濃いグレーカラーとは

今回のカラーである濃いグレーとは、日本語でいうと灰色になります。つまり、濃い灰色ということです。グレー、灰色は、不思議な色です。なんと彩度が無い色なのです。彩度とはその名の通り「あざやかさ」になり、それが無いということなので「無彩色」と呼ばれます。

ブリーチなしで出来るの?

無彩色のグレーをブリーチなしで発色させるというのは、他の色味に比べ1番難しいと言えます。普通カラーリングをする際、彩度を求め行います。赤くしたかったら赤く、緑にしたかったら緑を使用します。しかし無彩色のグレーは彩度を求められません。なので配合がとても難しく、さらに日本人の髪の色素である黒や赤が発色の邪魔を必ずします。めちゃくちゃします。なのでとてもとても難しいのですが、出来ないわけではなく、いくつかの簡単な条件を満たせば、綺麗に発色出来ますので、ブリーチなしでグレーカラーに「出来る」ということになります。

実際に染めた濃いグレーカラースタイル

早速ですが、実際に僕がブリーチなしで染めさせていただいたカラースタイルをご紹介します。

いかがでしょうか?とても綺麗で透明感があり、彩度を感じさせない素晴らしい髪色ですね!赤みは一切なく、ブリーチはしていないのでとてもツヤがあります。

染まりやすい条件、状態は?

上のスタイルを見た時に、「割と全部暗めだな」と感じませんでしたか?そうなんです。実は、ブリーチなしのグレーカラーは「暗め」のみ可能なのです。レベルで言うと5〜7.5レベルになります。それ以上明るくなるとどうしても黄色味や赤みが出てきてしまい、濃いグレーではなくグレーベージュやオリーブカラーのような感じになってしまいます。なので、グレーにしたい方は暗めがおすすめなのです!

そして、濃いグレーカラーに染まりやすい条件、状態については、以下のように考えております。

  • 染まりやすい条件

黒染めをしていないこと。

  • 染まりやすい状態

明るめから暗めにする場合。
太くて固い髪質より細くて柔らかい髪質の方。

になります。絶対に出来なくもないのですが、可能性が低いのが黒染めをしている場合。もちろん、一人一人黒染めの度合いというのは様々ですので、場合によっては出来ますので、ご安心ください。

グレーカラーというのは、明るめの髪から暗くする時に1番発色します。しかし、細くて柔らかい髪質の方は、赤系のメラニン色素が少ない場合がほとんどですので、黒髪からでも出来る可能性は高いでしょう。


右側がビフォア、左側がアフターです。このくらいですと簡単にグレーカラーに発色します。

結論、黒染めをしていなくて、明るめから暗くする、または細毛軟毛の方ですと、ブリーチなしでも充分、グレーカラーに出来ると言えます!

明るめのグレーにしたい場合は?

暗めではなく明るめの濃いグレーカラーにしたい場合は、「ハイライト」をおすすめします。細い筋を髪全体に入れ、そこをブリーチします。ブリーチとはいえハイライト部分のみですので、ダメージはかなり抑えられます。

こちらが、ハイライトを入れたグレーカラースタイルです。

とても綺麗ですね!ハイライト部分は特にグレーが発色しやすくなっていますので、まるで全体をブリーチしたかのような透明感になっております。僕はかなり細くハイライトをいれますので、ハイライトはとても上手く馴染みます。

濃いグレーカラーとお肌の色の相性

基本的に日本人の肌の色、明るさにはとても相性が良く、自然に馴染みます。特にブルーベースのお肌の方にはとてもお似合いになることでしょう。
逆に合わないお肌としては、日焼けなどの影響でとても濃くなったイエローベースのお肌には相性が良くないと感じますので、濃いグレーではなくハイトーンのグレージュだったりミルクティーアッシュ系カラーがおすすめです。

色落ちはどんな感じ?

グレーの色落ちの仕方は、シンプルです。【グレー→薄いシルバー→ベージュ→ベージュブラウン】の順で落ちていくます。もちろん染める前の状態にもよりますが、このようなイメージで落ちていきます。色落ちの過程もとても綺麗ですので、是非一度染めてみてください。スーパーお勧めです。

動画で色味などを確認したい方へ

僕が実際に染めたグレーカラーを動画にてまとめてます。さらにプロの美容師の方用に染めた際のレシピ、塗布手順、塗り方も一緒に公開しておりますので、ぜひご覧下さい。

他にもたくさんのブリーチなしアッシュ系カラーをご紹介してますので、こちらからぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCjeteiRKioNNjMZ8iIo3e1Q

まとめ

いかがでしたか?グレーカラーに染めたくなってきましたか?無彩色と呼ばれるグレーをさらに濃く染めるのはとても難しいです。しかし、ものすごく透明感があり柔らかな質感を出してくれる素敵な髪色です。ぜひ一度、チャレンジしてみてください。

僕に染めてもらいたい!という方がいましたらこちらからお気軽にご予約ください。ここをタップ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

他のブリーチなしカラーも紹介してますので、よかったらご覧ください!

【明るめから暗め10選】ブリーチなしで染めたブルージュカラー!

【ブリーチなし】超透明感なミルクティーアッシュカラー11選!

明るさ別10選】ブリーチなしで染めたブルーアッシュカラーを解説

2022年最新!ブリーチなしで染めたオリーブアッシュカラー12選

【最新版】ブリーチなしで染めたピンクアッシュカラーを明るさ別に解説

関連記事