Loading

BLOG

ハンパない透明感なダークブルーグレーカラー!

今日はめちゃくちゃスーパーなカラーをご紹介しちゃいます。その名もダークブルーグレー。次のアカデミー賞をも狙える作品ですので、ご覧あれ。

ブリーチなしで作るダークブルーグレーカラー

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。走りながら目薬をさすのが苦手です。

 

「やっぱり時代は、ダークブルーグレーだわ。」

僕は今朝、うんちをしながらふと思った。

たしかに最近は、新型コロナウイルス問題に始まり、芸能界の不祥事、度重なる事件や事故、鈴木福くんの声変わり、などなどたくさんの不安に覆われながら生きている昨今ですが、僕は、思うのです。

 

 

 

「一人一人の毎日が、エブリデイ」

 

 

 

そう言い続けた結果、僕はダークブルーグレーカラーを編み出すことが出来た。

周りから、いろんなことを言われた。

「意味がわからないことを言うな」、「なにを言っているんだ」、「マサチューセッツ工科大学」、、、

たくさんのことを言われてきたが、僕は諦めることはなかった。

むしろ、その声に反発し、さらにやってやろう、という気持ちになった。

その結果、僕はブリーチなしで、ブルーグレーカラーに染める技術を手に入れた。

もちろん、最初から全てが上手くいったわけではなかった。

 

目を離した隙に、フレンチトーストが焦げたこともあった。

飼い犬のうんちを踏んだことも、3回もあった。

でもその失敗が、成功への道しるべとなった。

 

こちらをご覧ください。

なんて美しいのだろう。

この、色の濃さ、そして、透明感。

赤みを一切感じさせないこの髪色の名は、ダークブルーグレーカラー。

名前だけでも覚えて帰っていただきたい。

 

ブリーチなしともなると、どうしても赤みが出てしまいがちですが、僕ならば、簡単に赤みを消し、素晴らしい色味を再現出来ることだろう。

 

そして、あなたが望むならば、僕はいつだって、この技術を提供したいと、思っている。

 

と、今、自分の爪をボーッと眺めながら、思いました。

 

 

 

 

よかったら、ぜひ。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

明日空き枠ありますー!!

やはり、秋はちょい暗めなオリーブグレーカラーやな。ほんまに。

PAGE TOP