Blogブログ

【2022年最新版】ブリーチなしで綺麗なアッシュカラーに染める方法!

ブリーチはしたくないけど綺麗なアッシュにしたい!赤みのない透明感のあるアッシュカラーに染めたい!今回はそんなあなたのために、ブリーチなしで染めれるアッシュカラーを9種類に分けてご紹介させていただきます。さらに、ブリーなしで染められる最大の明るさ、黒髪からでも染められるか?についても解説しておりますので是非ご覧くださいな!

私は、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。お客様に施術するカラーリングで100人中108人はアッシュカラーに染めるくらい、アッシュに特化したアッシュカラー専門美容師です。好きな言葉は「うんち」です。

まず最初にアッシュとブリーチについて、簡単に説明します。

  • アッシュとは?
    アッシュとは、ヘアカラーの世界で青色青みがかった灰色指した色味になります。
  • ブリーチとは?
    ブリーチとは、「髪の中に存在するメラニン色素を破壊して髪を明るくこと、またはその薬剤」になります。

ブリーチをすると黄色っぽくなると思いますが、あれは黄色に染めているわけではなく、メラニン色素が抜けた結果の色なのです。
メラニン色素がなくなると、基本どんな色でも鮮やかに染めることが出来ます。ピンクやグリーンなどの色も鮮やかに発色出来るでしょう。
しかし、ブリーチをするととても傷んでしまい、色落ちが早くすぐ金髪になってしまい、久しぶりに会ったおばあちゃんにはビックリされ、ブリーチを数回した部分の髪は少し引っ張っただけで切れたりすることもあるんです。なので今回は、ブリーチしなくても染められるアッシュ系カラーを9種類ご紹介いたします。

ブリーチなしで染めたアッシュカラースタイルとレシピをご紹介!

さて、アッシュと言っても色々と種類があります。ここでは、アッシュ系カラーの基本的な種類とその特徴、そして実際に染めたレシピも一緒に交えてご紹介させていただきます。
(使用した主な薬剤→プロマスター&アソートアリア)
根元→「根」 (OX4.5%) 中間毛先→「先」 (OX4.5〜3%)

アッシュグレー


(根→6BA:CB5  2:1  先→A6p:MT7p:CB5p  1:2:20%)


(根→6BA:CB5  1:1  先→A6p:6GRAY  2:1)


(根→8BA:CB5  3:1  先→A9p:MT6p:CB5p  1:1:15%)

グレーという色味自体は、彩度がない特殊な色です。ハイトーンなグレーの場合はブリーチなしだと難しく、写真のようなやや明るめ〜暗めがおすすめです。めちゃくちゃ透明感があります。

【保存版】ブリーチありとなしで染めるアッシュグレーの比較や綺麗に発色する方法!

アッシュブルージュ


(根→6BA:8BA  1:2  先→A8p:6GRAY:MT7p:CB5p  5:1:1:15%)


(根→8BA:CB5  1:20%  先→A7p:D/A7:MT7p:CB5p  4:1:1:20%)


(根→8BA:CB5  3:1  先→A7p:MT7P:CB5p  3:2:25%)

ブルージュとは、ブルーベージュの略語です。ブルーの濃い色味をベージュで柔らかくし、しっかりとしたブルーの色を透き通るようにしたカラーで、どの明るさもとても綺麗です。

【明るめから暗め10選】ブリーチなしで染めたブルージュカラー!

アッシュグレージュ


(根→8BA:6BA  3:1  先→A8p:MT7p:D/8A  3:1:1)


(根→8BA  先→A9p:A8p:MT8:M8p  4:3:3:2)


(根→8BA:6BA  2:1  先→A8p:A7p:MT8p:CB5p  2:1:2:10%)

グレージュとは、グレーベージュという略語です。濃いグレーを発色させながらベージュで柔らかくしたカラー。かなりの透明感と透き通るような色味が特徴です。やや明るめ〜明るめがおすすめです。

【明るめ〜暗めまで60選】ブリーチなしのアッシュグレージュカラー

スモーキーアッシュ


(根→6BA:8A  4:1  先→A7p:MT7p  3:2)


(根→8BA  先→A8p:MT8p:MT9p  7:1:2)


(根→8BA:10BG  2:1  先→A9p:MT8  5:2)

スモーキーアッシュは、とにかく透明感を求めまくったカラーになります。文字通りスモークさせたような、灰色を全面に押し出したカラーになります。

【透明感】ブリーチなしスモーキーアッシュカラーの人気スタイル!

シルバーアッシュ


(根→8BA:8BV:CB5  7:1:20%  先→D/8A:A8p:CB5p  1:2:15%)


(根→8BA:10BG  4:1  先→A9p:MT8p:8GREEN  3:1:15%)


(根→8BA:8BV  20:1  先→A8p:MT6p  5:2)

赤みや黄色味が全くないですね。シルバーアッシュは一回で発色させるのが難しいのですが、定期的に回数を重ねて染めていけば綺麗に発色出来るでしょう。

ブリーチなしでシルバーアッシュにする方法とコツ

ラベンダーアッシュ


(根→BA6:PV8  3:1  先→A7p:MT6p:PV8  2:1:2)


(根→6BA:PV8  3:1  先→A7p:8PV:CB5p  1:1:15%)


(根→8BA:10BV  4:1  先→A9p:MT8p:10BV  4:1:1)

ラベンダーアッシュは、フェミニンで可愛らしいイメージの方にお似合いです。寒色系バリバリのグレージュやブルージュなどとは違い、ほんのり香るくらいのピンクやバイオレットを配合したカラーになります。普通のアッシュグレーなどに飽きた方にもとてもおすすめで、ラベンダーアッシュグレーなどもとても綺麗なカラーです。

【明るめから暗め21選】ブリーチなしのラベンダーアッシュカラー

オリーブアッシュ


(根→8BA:6BG  4:1  先→A8p:MT7p:8GREEN  2:1:1)


(根→6BG:8BA  3:1  先→A7p:A6p:MT7p:8GREEN  4:1:2:1)


(根→8BA:10BG  2:1  先→A8p:MT9:8GREEN  3:1:1)

アッシュにマット(緑)が入ったスタイルです。赤みがなくとても綺麗に染まり、様々な明るさに対応出来ます。初めて染める方などにもオススメです。

2022年最新!ブリーチなしで染めたオリーブアッシュカラー12選

ネイビーブルーアッシュ


(根→CB5:6BA 1:1 先→MT7:CB5p 2:1)


(根→CB5:6BA  1:1  先→A6p:MT6:CB5p  3:1:20%)


(根→CB5:8BV  20:1  先→A6p:CB5p  3:1)

レイニーブルではありません。ネイビーブルーです。濃いブルー、つまり紺色のイメージです。濃く色を入れる設定ですので、基本的には暗めがオススメです。めちゃくちゃ寒色になります。

ミルクティーアッシュ


(根→8BA:10BA  1:2  先→A9p:MT9p:10BA  4:1:1)


(根→8BA:10BG  2:1  先→A9p:MT8p:10BV  3:1:10%)


(根→10BA  先→A9p:MT9p:10BV  5:2:1)

ミルクティーアッシュは超明るめになります。ハイトーンが好きな方におすすめです。透明感があり、アイロンで巻くととても可愛いです。黒髪から初めて染める場合は1回では難しいかもしれませんが、何回か染めていくうちに綺麗に発色できるようになります。

【ブリーチなし】超透明感なミルクティーアッシュカラー11選!

ブリーチなしで染めれる明るさの限界は?

ブリーチなしでカラーを行う場合の1番明るいレベルは、14レベです。もちろん個人差、カラー剤にもよりますが、基本的に14レベルになります。カラーのレベルは1〜20まであり、1レベルがとても暗い黒で、20レベルがとても明るく、ほぼ白に近い明るさです。日本人の地毛である黒髪のレベルは、だいたい3〜5レベルになります。

そして、こちらがブリーなしで1番明るく染めた14レベルのアッシュベージュスタイルになります。

この明るさより明るくしたい場合はブリーチが必要です。これと同じくらい、もしくは暗いスタイルがご希望の場合は、ブリーチなしで良いでしょう。

黒髪からでも染めれるの?

黒髪である地毛からアッシュ系に染める場合は、基本的に髪質に左右されます。細くて柔らかい髪質の方は、初めてのカラーでもとても綺麗に発色する傾向にあり、逆に太くて硬い髪質の方は赤みが多く存在しているためやや茶色味が出る傾向にあります。しかし、難しい髪質の方でも2、3回とカラーをしていくうち、徐々にメラニン色素がなくなっていくので必ず綺麗なアッシュになります。まだ染めたことがない方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ブリーチなしでアッシュカラーに染める方法を動画で見たい方

こちらは私が染めている際の染め方、レシピ、スタイルがわかりやすく見られる動画です。他にもたくさんアッシュカラーについて動画を公開してますので、ぜひご覧ください。

美容師【楠本真澄】のアッシュカラー専門チャンネル

 

ブリーチなしアッシュカラーまとめ

いかがでしたでしょうか?ブリーチなしでアッシュに染めるイメージは湧きましたか?
アッシュとはヘアカラーの中でも人気があり、そして難しい色味です。なかなかブリーチなしでは難しい場合もあるし、一回で染まらない場合もあります。
しかし、状態や場合によっては、ブリーチしなくともとても綺麗なアッシュに染められる、ということもわかっていただけたと思います。
日本人の髪の地毛のほとんどは黒髪で、赤みが強く、普通の茶髪になりがちです。そこでやはり、周りとは違う、透明感もあり柔らかさもあり、透き通ったヘアカラーの「アッシュ」にしてみてはいかがででしょうか?

関連記事