Loading

BLOG

ハイライトイン、明るめのピンクグレージュカラー!

全国早口言葉選手権大会1回戦で3歳男児に負けた楠本真澄です。原宿、表参道で美容師をしています。

今日は以前、ハイライトを入れたお客様に、ハイトーンなピンクグレージュカラーを施したのでご紹介致します。

ハイトーンピンクグレージュカラー。インハイライト。

僕のハイライトは、細かい。とてつもなく細かい筋を大量に、ふんだんに入れていく。

それは、僕が大の豚骨ラーメン極細麺好き、という理由もありますが、細くハイライトを入れたほうが、立体感、透明感、ジンギス感が際立つ、という理由があるということ。

その極細ハイライトwithまちゅみを施したあと、ハイトーンなピンクグレージュカラーを入れるということは、鬼に金棒、カブトムシにスイカ、アキラ100%におぼん、ということになる。

つまり、素晴らしい結果が待っているということだ。

こちらを見やがれください。

大人っぽくて、それでいて、フェミニンな雰囲気。

ピンクグレージュカラーの配合としては、以下のことに気をつけて考えています。

  • ピンクが強くなりすぎてブラウンにならないこと。
  • グレージュ感を存分に出すこと。
  • そのため、ピンクよりもグレージュの割合を多く考えること。
  • しかし、ピンクの色味はしっかりと残したいため、ビビットなものを使用すること。
  • 電車で乗り換える時は、スムーズに移動するためあらかじめ調べること。
  • 食べログの評価を鵜呑みにしないこと。

以上のことに気をつけて、配合、そして塗布をしております。

もちろん、それはお客様1人1人に合ったレシピを考えなければならず、髪質、薬剤履歴、毛量、好きな映画、推しのアイドルなどを考慮し、考えております。

そうして、このような素晴らしいカラーに仕上げるのです。

よかったらぜひ、ご参考くださいませ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近チャミスルにハマってます。

明日11時〜空き出ました。

PAGE TOP