Blogブログ

ローズブラウンカラー!暖色でも透明感を出したいよね!

東京新宿でフリーの美容師をしている楠本真澄です。二度寝が得意です。

僕は、透明感のスペシャリストである。常に透明感を出すことを考えている。透明感がこの世からなくなれば、僕も同時に消えてなくなるだろう。僕のいくつものメールアドレスには全て「toumeikan」と入っているし、好きな四字熟語は?と聞かれたら迷わず透明感と答えるし、マックで必ず頼むものは?と聞かれたら即答でダブルチーズバーガーと答えます。

それくらい、僕にとって透明感とは必要不可欠なものであり、無いと困るものであり、旅行に行くならば1番最初にキャリーケースに入れるものになります。

僕のカラーをこよなく愛する人達からすると僕の口から「ローズブラウン」というバリバリ暖色のカラーが出るということは小島よしおがステージでダウンを着るくらいあり得ないことと思いますが、暖色は暖色でも、透明感のある暖色だということを声を大にして黙読したい。

こちらをまずはご覧ください。

ローズです。ローズの主張が強めです。ローズといえば、ジャックとローズ。そう、タイタニックですね。ローズのように、強く逞しく、清く美しく生き延びた圧倒的な生命力が垣間見えるこの髪色。しかし、どこか儚げな透明感が顔を覗かせております。よくわからない説明だということは僕も重々承知しておりますが、暖色にも僕は透明感を出すことにこだわっております。

ツヤ、そして色の濃さ。その中に透明感が加わると、本当にかわいい、もとい、きゃんわいいカラーになるのです。

こちらのお客様の染める前の髪の状態としては、

  • ブリーチはしていない
  • ちょい明るめのブラウン
  • 多毛ロング
  • マックはテリヤキ一択

という状態でした。

赤くしたいけども主張が強い赤ではなくて、柔らかな赤がいい。柔らかな赤が良くて、グレージュというかベージュというか、そんな要素も欲しい。でも、「赤」ってわかるくらい色素は強く出したい。そう、透明感、、透明感が欲しいの。あと普通にボーナスも欲しい。

透明感を出すことは僕にとって息をするくらい自然なことであり、逆に透明感を出さないで、と言われたらそれはサランラップの切れ目がわからなくなった時のような気持ちになります。

暖色の中にも透明感を。よかったらぜひ、お試しください。

 

関連記事