Loading

BLOG

ブリーチしないでハイトーンスモーキーアッシュカラーに。

晴れ渡る空。強過ぎず、しかし弱過ぎない冷たい風。かすかに聞こえる、冬の足音。そして、ハイトーンなスモーキーアッシュカラー。

 

なんていうか、それな。

今日はブリーチなしで染めた明るめのスモーキーアッシュカラーを紹介致します。冬だけど、明るくいたい。。。そんなあなたにとって最良で最高、そして、最良で最高なカラーとなっております。

 

ブリーチなしのハイトーンなスモーキーアッシュカラー!

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。飲食店とかで「すみませ〜ん」と店員さんを呼ぶとき、声が届いてないタイプです。

 

今日の髪色は、ズバリ、スモーキーアッシュです。そして、明るさは、超明るめです。

勘が働く方はもうお気づきかと思いますが、この「スモーキーアッシュ×明るめ」という方程式は、今日のセンター試験でも出題されるほど難解な方程式なのだが、式の途中で「x」「y」「ストロングゼロ」を組み合わせると、答えは出る。そしてそれは、「スーパー素敵」となる。

 

 

そう。それはつまり、意味がわからない、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリーチしないで明るめのアッシュというのは、実はなかなかハードルの高い技術になります。ブリーチを施し赤みを取り除きたいところを、それを行わずにするため、どうしても赤みが出てくる。暗めだとそれを覆い隠すイメージで消せるのだが、明るめはそれが出来ない。赤みがダイレクトに影響し、アッシュにしても普通の茶色になりがちだ。

しかし、僕は、その赤みを、消すのだ。マジックのように、消すのだ。そんな完璧なマジックが出来るのは僕かMr.マリックかくらいだ。

あれ、なんだっけ。決め台詞みたいな。マリックさんの。「ハンドパワー」だっけ。ドヤ顔で。

 

では、僕も考えよう。

そうだな、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「倍返しだ」

 

やばい。これにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、こちらをご覧ください。

 

見て下さい。この、透き通るようなアッシュを。

明るくいながら、この色味の強さ。まるで、アスファルトに咲いた花のような、スモーキーアッシュ。

 

僕は、この綺麗過ぎる髪色を前にして動揺を隠せず、気付いたら涙を流しながらエアバタフライをしていました。

我に返った僕は、「今のは全力で忘れてください」とだけ言い残し、アイロンでフワッと巻きました。

 

なんということでしょう。こんなに美しい景色は、アラスカのオーロラかこれかくらいです。

冷静さを取り戻した僕ですが、あまりの美しさと素晴らしい透明感のあまり、我を忘れ気付いたら裸になって正座をして将棋を指していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じが好きな方は、ぜひ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

毛先ブリーチで綺麗なアッシュ系グラデーションカラーにする方法。

明るめピンクアッシュカラーの可愛さと透明感と切なさと。

PAGE TOP