Loading

BLOG

明るめピンクアッシュカラーの可愛さと透明感と切なさと。

今日は明るめのピンクアッシュカラーをご紹介致します。ブリーチなしでのカラーリングですので、ぜひお気軽にチャレンジしていただきたいです。とても可愛くてフェミニンな感じです。素敵なのです。

ハイトーンなピンクアッシュカラーをブリーチなしで。

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。お気づきかと思いますが、漢字四文字変えると「鈴木亮平」になります。

 

アッシュ系といえば、もちろん寒色系に分類され、どこかクールな印象だったり、大人っぽい印象であったりすることがありますよね。

しかし、クールだけど、時に少し可愛さを求めたり、フェミニンな感じにしたい時、ありませんか?だからといって、まっピンクにしたりとかって、アッシュ好きからしたら言語道断。

そこで鈴木亮平、もとい、僕がオススメしたいのが、ピンクアッシュという髪色。

ピンクという赤み主体の、暖色。アッシュという青み主体の、寒色。これを混ぜ合わせたのがピンクアッシュなのですが、ただ単にバカみたいに混ぜても、綺麗なピンクアッシュにはなりません。

お客様一人一人の髪質をみてから、ピンクとアッシュの配合、比率を考えます。基本的な比率をいうと、アッシュが多めのピンク少なめです。

ピンクとアッシュが半々の割合だと、バリバリピンクに寄り、ブリーチなしだと普通の茶色です。

ですので、アッシュが多めですが、もちろん一人一人の髪質や髪の状態、希望の明るさ、今見てるドラマ、薬剤履歴によって変わってきます。グレーやシルバー、モノトーン、ブルーなども混ぜないと、透明感が出ないので、これも混ぜます。つまり、結構細かく配合しないとダメだぜ、的な感じです。ぴゃ。

 

 

 

そして今回のピンクアッシュは、お客様のご所望で、ややピンクを強めに設定しました。

 

こちらをご覧ください。

 

 

 

あひゃぁあああ。

 

とてもナイスなカラーに仕上がりました。

 

そして、フワッとアイロンでMIX巻きを施し、

 

このような感じに。

ピンクを感じながら、透明感も強く感じる髪色。それが僕のピンクアッシュなのです。

 

 

 

よかったら、ぜひご参考下さいませ。

 

ひゃあ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブリーチしないでハイトーンスモーキーアッシュカラーに。

ちょいマットのアッシュカラーであなたの心はモスコミュール。

PAGE TOP