Loading

BLOG

ハイトーンなラベンダーアッシュカラーをブリーチなしで!

ブリーチしたくないけど茶髪ではない綺麗なラベンダーアッシュカラーにしたい!と今にも叫び出しそうなあなた。どうもこんばんは、美容師の楠本真澄です。めちゃくちゃ猫舌です。

今回は、めちゃくちゃ綺麗なラベンダーアッシュカラーをブリーチなしで染めてみましたので、ご紹介致します。

彩やかなラベンダーアッシュカラーをブリーチしないで

ブリーチというのは、髪の中の色素を抜きとるものです。ブリーチすると、黄色くなったりしますが、あれは黄色に染めているわけではなく、色素がある程度抜けた後の状態、といえます。

我々日本人の髪には赤や黒と言ったメラニン色素があり、赤みのない綺麗なアッシュなどにする場合そのメラニン色素がめちゃくちゃ邪魔をします。

あなたが思っている綺麗な色も、「色素無い系」なことでしょう。

その色素を取り除くのがブリーチです。先程も言った通り、ブリーチすると黄色や黄白色になります。

そのブリーチした後に色を入れるとそれはそれは綺麗な色になることでしょう。そう、赤や黒の色素が取り除かれているので、色素無い系の綺麗なカラーリングが可能なのです。

しかし、ブリーチというのは、あなたもご存知の通りデメリットがあり、それは「傷み、ダメージ」「派手」「職場や学校で禁止されている」と言ったところでしょうか。

特にやはり、傷み、すなわち、ダメージです。とにかく傷みます。まじで。

そのため、なかなかブリーチに手が出せない方が多いことでしょう。

では、ブリーチなしで色素薄い系、色素無い系なラベンダーアッシュに出来ないのか。それが、出来る場合も充分ある、ということ。

僕は、アッシュカラーという分野においてトップクラスという自負があります。

僕の場合、何回かカラーリングをさせていただければ、ブリーチなしでも色素を減らしながらアッシュ系の色にでき、繰り返しアッシュを重ねていけば充分ブリーチしたような髪色を実現出来ることでしょう。

そして今回の、ブリーチなしのラベンダーアッシュカラー。

こちらを、よくご覧になってください。画面が暗い方は、明るくしてから見てください。歩いている方は、立ち止まって見てください。お風呂に入っている方は、湯冷めしないように気をつけてください。

いかがでしょうか。この色素が薄い感じ。

正直、こちらのお客様の髪質がとても素晴らしい、というのもあります。難しい場合の髪質もあるでしょう。

しかし、色素を無くしながら寒色系の色味にすることは、可能です。一回のみのカラーリングでは難しい場合も、繰り返し寒色系カラーを行えば色素を薄くなっていきます。

気に入った方はぜひ、お試しください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ややピンクなアッシュカラーであなたの心はモンサンミッシェル。

わろた

関連記事

  1. ハイトーンなミルクティーグレージュカラーであなたの心はハイネケン!

    2020.07.26
  2. 透き通るような髪色、スモーキーグレーがスーパー綺麗。

    2018.02.23
  3. 透明感強めのラベンダーアッシュグレーカラーやで。

    2019.01.28
  4. ラベンダー強めのラベンダーアッシュやで。ピンクも入ってるで。

    2019.12.13
  5. プロ向け技術動画です。

    2021.03.01
  6. 美しいスモーキーなアッシュブラウンカラー!

    2021.09.28
PAGE TOP