Loading

BLOG

根本からきつくかかったパーマの失敗をサラサラストレートに

昼からビール飲んでる確率高いやつ選手権大会で、全国2位の楠本真澄です。フリーランスの美容師やってます。

今日は、めちゃくちゃにパーマを失敗されたお客様の髪を、なんとかこうにか頑張ってストレートにした施術をご紹介致します。

ハイダメージ&強くかかった失敗パーマを、髪質改善ストレートパーマでサラサラに

 

最近の施術の中で、1番難しかったのが、今回の件。

早速ですがこちらをご覧ください。

フンフゥゥん、、、、

でら難すぇぇ。

状態としては、

  • 根本からかなり強くパーマがかかっている
  • めっちゃハイダメージ
  • もともとのクセも強い
  • カラーリングのダメージもある
  • テセウスの船の終わりに納得がいかない

という感じです。

とにかく、ダメージ、痛みがすごい。すごいというか、しゅごい。心の中では完全に「しゅごいぃぃィィィィ!」と叫んでました。

そして、パーマのきつさ。きつく、強くかかってる。ほぼバネのあれみたいなニュアンスで、かかってる。しゅごい。

問題なのは、その傷みとパーマの強さの組み合わせ。

お客様はもちろん、パーマを取り除きサラサラのストレートにしたいわけですが、傷みがしゅごい分、それを取り除く薬剤のパワーに、髪が耐え切れない場合が十二分にある、ということは確実で、逆にそれを踏まえてパワーが弱いと、かかっているパーマは取り除かれずに、残ってしまう。

現時点での髪の傷みは、押せば倒れるほどの強度しか残っておらず、スマブラでいうと200%とかになっている状況。

しかし、パワーがなければパーマは取れない。なぜならば、きつくかかり過ぎているから。

あぁんもう、ということです。

僕が今回やるのは、パワーは最小限に抑えつつ、パーマを全て取り除くという針に糸を通す以上の繊細さが必要で、それはつまりKing Gnuの白日の歌い出しよりも繊細さが必要ということ。

 

僕は、やりました。スーパー繊細で、スーパー高難度で、そして、スーパー銭湯な施術を。

 

 

美しい。ただただ、美しい。

あぁ、なんて素晴らしい世界なのだろう。

毎日がエブリデイとは、このことですね。

まさかこれが、アベノミクス、、、?

 

同じような状態の方いましたら、ぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

メンズのブリーチオンピンクベージュカラー!

ブリーチなしで染めるハイトーンミルクティーアッシュカラー

PAGE TOP