Loading

BLOG

ブリーチなしのグレージュカラーが愛しくて切なくて寂しくて。

今回はブリーチなしのグレージュカラーをご紹介致します。この髪色は、なんていうか、愛しく、そして切なく、時に寂しさがある、いわゆる、ちょっと何言ってるかわからない、って感じの髪色なのです。そこんところを、ゆるく説明していきます。

 

透明感溢れるブリーチなしのグレージュカラー。

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。お尻が二つに割れているのに気付いたのは、中1の秋でした。

 

あなたがこの記事を見ているということは、おそらくとてもアッシュが好きで、その中でもグレージュが好きで、嵐とかキスマイよりグレージュが好きな方なんだろう。

でも僕はKinKiが好きです。愛のかたまりが好きです。そして、ゴールデンレトリバーをモフモフしたいです。

 

そんな感じで、グレージュカラーをご紹介致します。

 

 

とても美しいです。お客様はあまりの美しさに喜び、るんるんでバレエをしながら帰っていきました。

 

ブリーチなしでこのようなグレージュにするためのコツを教えます。

まず、こちらを準備します。

  • アッシュ系の薬剤一式
  • カラークロス  ×1
  • ハケ  ×1
  • カラータオル   ×3
  • 知識    ×√5
  • 経験    ×Lv99
  • 技術    ×Lv99
  • 優しさ    (ガンジー+マザーテレサ)
  • 愛しさと切なさと心強さ   (篠原涼子さん)
  • あの初雪が降った頃の思い出    6000文字
  • ビー玉   ×3
  • デートでの苦い思い出     90000文字

 

 

まず、お客様の髪をチェックします。

髪質や状態を事細かにチェックし、カラー薬剤のレシピを考えます。レシピを考えるときに必要なのが、知識と経験です。これらを基に、考え、さらに攻めのレシピを考案するのです。

そして、カラークロスを優しくおかけし、ハケを使って丁寧かつスピーディに塗布します。塗布の際は、優しさがないといけません。もちろん、この優しさは、施術工程の全体に言えることでもあります。常に優しく、ガンジーとマザーテレサに負けないくらい、人に優しくしましょう。

塗布し終えたら、篠原涼子さんの愛しさと切なさと心強さを聴きながら、「あの初雪が降ったころの思い出」を書きましょう。そして、出来ればでいいのですが、篠原涼子さんの後はエグザイルのLovers againを聴きましょう。最低6,000文字ですが、書けるならもっと書いたほうがいいでしょう。僕は30,000文字書きました。

 

そして、その頃にはもう染まっておりますので、シャンプーをします。

シャンプーをし終わり、今から乾かすぞ、という時に、ビー玉を3つ用意します。そして、用意したビー玉をポケットに入れて、ポケットから出して、ゴミ箱に捨てましょう。この時、なぜビー玉を用意したのか?なんて浅はかな考えを持たないこと。

ブローが完了しましたら、デートでの苦い思い出を書き連ねましょう。最低90,000文字です。ちなみに僕はまだ執筆中です。

 

 

 

これらを全て完璧に行うと、

 

 

このような髪色に染め上げることが出来るのです。

 

 

 

 

よかったら、あなたもぜひ、チャレンジして見てください。ピャハッ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

派手にかかり過ぎた失敗パーマを髪質改善ストレートでサラサラに。

スゥアックァあああん。

PAGE TOP