Loading

BLOG

明るめのカーキグレージュカラー的雰囲気たっぷりブリーチなしカラー!

原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。最近の悩みは、映画を寝落ちして丸々観られないことです。

今回は、ハイトーンなカーキグレージュカラー的雰囲気の髪色をご紹介したく、この記事を書いております。ちなまに、この記事を書いている時の僕は、だいたい真顔です。

ブリーチなしのハイトーンなカーキグレージュカラー

 

ブリーチはしたくない。だけど明るめの髪色にしたい。それでいて、マットというかオリーブというか、カーキというか、そんなニュアンスたっぷりのグレージュカラーにしたい。何回も言うけど、ブリーチはしたくない。

あなたがそんな考えを持っているなんて、僕はとっくの昔に知っていたし、今なにが食べたいかとかも、知っている。

 

 

 

 

胡麻坦々麺ですよね?

 

そんなことは百も承知。

あなたがしたいカラーは、ハイトーンなカーキグレージュカラー。そして、ブリーチはしたくなくて、ブリーチなしで透明感のある感じにしたい。もちろん、傷ませたくないし、貯金もコツコツしたい。

そんな都合のいいカラーがあるかなんて、あなたは信じられずに、赤く染まる夕日を見ながら天を仰いだことでしょう。

 

だけど、信じてもらいたい。

 

僕が、そのカラーを、出来ちゃうんだってことを。

アイキャンドゥーイット。ウィーキャンドゥーイット。ユーガットメール。アイアムアペン。

 

ブリーチなしで明るめの寒色系にする場合、とにかく赤みが邪魔をしてくる。

進撃の巨人でいう、ライナーとかベルトルトです。

その赤みを普通ブリーチをして取り除くのですが、ブリーチをすると、痛むし、色落ちが早くなるし、隣の家のおじちゃんとかもびっくりするし。

とまぁ、そんなこんなで、デメリットが多いですよね。

そこで、ブリーチなしで染めたいところなんですが、ブリーチなしで染めるには、

  • 赤みを取り除きながら明るくする
  • 赤みを取り除きながら透明感を出す
  • 明るいだけじゃなくて色味もしっかりと出す
  • チキン南蛮は太る

これらの要素を全てワンプロセスカラーの中でクリアしなければならず、それは簡単そうに見えてとても難しく、イージーそうに見えてとてもディフィカルトでもある。

 

僕は、そのようなカラーを、これまでもたくさん、染め上げてきました。

明くる日も明くる日も、とにかくブリーチなしで寒色系のアッシュカラーに、染め上げてきました。

時には、傷つくこともあった。時には、投げ出したいこともあった。

 

チキン南蛮を食べたら太る。そんなこたぁわかってる。

 

歩きながら目薬をさそうと思ったら、顔面が水浸しになったこともあった。

 

でもね、僕は、諦めなかった。

諦めることをしなかった。

 

僕は、そんな苦難を乗り越えて、世界に一つだけの、いや、宇宙に一つだけの、カラーを、明るめのカーキグレージュカラーを、見出したのだ。

 

 

 

 

明るめでありながらも、しっかりとカーキグレージュの色味を感じられる、このカラー。

ただ明るくするのは、簡単です。ただ色味を出すのも、簡単です。

 

しかし、その両方を、同時に、ブリーチなしで実現するのは至難の技であり、確かな技術、経験、焼肉が必要になってきます。

僕は、その第一人者であり、同時に、その第一人者なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

明るめのカーキグレージュカラー。

 

よかったら、ぜひ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ラベンダーやや強めなアッシュカラーであなたの心はカプチーノ。

技術動画です!

PAGE TOP