Loading

BLOG

ジリジリのバリバリになったパーマ失敗毛をサラサラに直しました。

「あぁ、なんてこった、パーマ失敗されて、爆発してもた。わしゃボンバーマンか。」

そういったようなお悩みを抱えた方は数多く、爆弾処理班、爆発物処理班でもなく、爆発したあとの処理班として、僕はいま、何気に活躍しております。今回もまた、そのようなお客様こお見えになりましたので、施術事例をご紹介致します。

強い薬剤を使用し失敗しちゃって爆発した髪をストレートパーマでサラサラに。

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。うんちをするとき、だいたいスマホ見てます。

 

どこのどんな店か知りませんが、そこでパーマを盛大に失敗された方が、お越しになりました。

お客様は、とても神妙な面持ちでした。

 

 

 

僕「あっ、いらっしゃいませ。はじめまして、くすもとです。今日はよろしくお願い致します。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様「、、、、、ミーアキャットに踏まれて死にたい」

 

 

 

 

僕「、、、、ふぁ。」

 

 

お客様の状態を簡単に説明させていただきます。

  • デジパなどではなく、普通のパーマをかけた。
  • 髪質は、柔らかく直毛。いわゆる、パーマがかかりにくい髪質。
  • そのため、何回も強い薬剤を使用したらしい。
  • そして毛先はなんと、ブリーチ毛!!
  • 根元付近からジリジリと変な形のパーマがかかってしまっている。
  • ようは、全体的にまじでやばい。
  • 就活頑張りたい。
  • グループディスカッションでイキッた男マジ嫌い。

 

そんな感じでした。

 

こちらをご覧ください。

 

 

んなぁあ。

 

ジリジリですね。手ぐしなんて全く通らず、ツヤなんて皆無。

このままでは、グループディスカッションでいじられまくって終わってしまいます。

ここは僕の出番、と言いたいところですが、先ほど言った通り、「毛先はブリーチ」しているという超難題。

さてどうしたものか。

 

よく見てみると、ほんとにやばい感じでした。

 

これは、「僕にしか直せない、、、」

そう、直感で思いました。

 

それと同時に、うんちを漏らしました。

 

 

僕はプロ中のプロ。こんな超難題も、チョチョイのチョイの、エクスペクト・パトローナムです。

 

とてもとても、綺麗になりました。

よかったです。

 

お客様も、とてもとても喜んでおられ、帰る時はエアエレキギターを激しくしながら帰っていきました。よかったよかった。

 

 

 

同じような事例、お悩みの方いらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブリーチなしのダークグレーカラーであなたの心はサン・マルコ。

我が、イッヌ。もふもふの、イッヌ。

PAGE TOP