Loading

BLOG

ブリーチした髪を黒髪に近いダークグレーに!

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。猫舌選手権(男子)で準優勝したことがあります。

今日は、ブリーチをしてから約1ヶ月半経った状態の髪から、綺麗にムラなくダークグレーにトーンダウンしたカラースタイルをご紹介致します。

ブリーチ毛から黒髪風ダークグレーカラー

 

まずさこちらをご覧ください。

ブリーチカラーをしてから、1ヶ月半後の状態です。根本は黒くプリンとなっております。

色もしっかりと抜け落ち、ややパサつきも見られます。

今回、お客様のご要望として「黒髪に近いグレーな感じ」、そして「暗いけど透明感があって、サブリミナルなカカト落とし」というオーダーでした。

僕は「お任せあれくさんだーまっくいーん」と言い残し、カラー剤を調合しに行きました。

今回のカラーリングにおいて、気をつけたい点がいくつかありました。

  • 根本の地毛部分とブリーチ部分を上手く馴染ませなければならない
  • 明るめから極端に暗くする場合はムラになりやすい
  • 色落ちを計算してレシピを考えなければならない
  • 透明感を最大限に出したい
  • アルパカは可愛い

以上の点を充分に気をつけながらやらなければ、良いカラースタイルにはならない。染めたスタイルはもちろん綺麗に仕上げつつ、その後色落ちしてからのことも考える。

すでにブリーチでダメージしているので、ほぼノンストレスなカラーレシピにし、ダメージをケアする。そうすることにより、ツヤも手触りも違い、永遠に触っていられるような髪を実現する。

そして特に大事なのは、根本との馴染ませ方。ブリーチ部分はすでに地毛とは全く違う髪になっているため、違うレシピでアプローチしなければならない。違うレシピを使い同じ色に仕上げるというのはとても難しいことであり、それはマルゲリータを食べる気分になっている人に高野豆腐を食べさせること以上に難しいとされています。

しかし、僕は長年の経験と知識、そして技術でそれらの問題を簡単に解決し、ベストなカラースタイルへと導くプロ中のプロ。プロを通り越してペロとも呼ばれているし、控えめに言ってめちゃくちゃ天パだ。

こちらがその、透明感溢れるダークグレーカラーだ。

ムラはもちろんなく、グレーの色味がとても美しい。

 

こんなカラーがお好きな方はぜひ、お試しくださいませ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私のマットグレーカラー!赤みが全くないカラーの秘密。

美しいスモーキーなアッシュブラウンカラー!

PAGE TOP