Loading

BLOG

魅惑のアイスグレージュカラー!ブリーチなしで圧倒的透明感!

寒色系カラーの最上級、「アイスグレージュカラー」を今回はご紹介します。ブリーチなしで誰でも挑戦出来る髪色ですので、ぜひご覧ください。

ブリーチなしで透明感抜群のアイスグレージュカラー

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。好きな言葉は「あっすみません、ビールおかわりで」です。

寒色系と言えばアッシュカラー。そして、アッシュカラーの中でも、BTS並みに人気があるのが、グレージュという色味になります。

グレージュとは、グレーとベージュが混ぜ合わさったカラーになり、ソバージュとかペ・ヨンジュンとかとは全く違いますので、間違えないように。

そのグレージュに、さらに冷たさを表現したのが、アイスグレージュという、今回のカラーになります。

冷たさを増す、ということは、どういうことなのか。僕は正直よくわからない部分もありますが、ある1人の女王によって、明確に表現するようになりました。

その女王とはだれか。

 

 

 

 

 

 

 

そう、エルサである。

アナと雪の女王という作品に出てくる、アナの姉、女王エルサ。

彼女は、自分は全く寒くないからと言って街一帯を猛吹雪と大雪で覆い、山頂に使い道これ巨大冷凍庫だろってくらいの城を立て、引きこもって降り続く雪を見ては嘆いているわけのわからない女王だった。

「少しも寒くないわ」

それがエルサの口癖だった。

アナはそんな姉を、放ってはおけなかった。

あり得ない大きさの瞳を輝かせながら、エルサのもとへ行った。途中、声優がいろいろあったオラフと出会い、ベイマックス似の巨人と闘い、城へ行った。

アナは、ずっと寒い様子だった。しかし、エルサは全く寒くない。

つまりこれは、夫婦間における部屋の気温の話なのだ。

妻「ちょっと、寒いんだけど、冷房切ってよ」

夫「嘘だろ?こんな暑いのに、冷房切れなんておかしいよ」

妻「私は寒いの!」

夫「じゃあ服を着ればいいじゃないか!おれはもう脱げないんだよ!」

妻「メイのバカ!もう知らない!」

これはアメリカのCIA調べであるが、日本でこのような会話をしたことがある夫婦は100組中124組に上り、100%を超える結果となった。

アナとエルサは、夫婦としても、重なるかもしれない。

僕はその思いを、お客様に伝えたところ、

「心から何言ってるかわからない。」

と言われ、軽く陳謝した。

 

そんなこんなで、僕のアイスグレージュカラーは、完成するのである。

素晴らしい透明感と、美しいツヤ。

氷のような冷たさを纏う、グレージュカラーです。

ブリーチしなくても、ブルーを強めることにより赤みを消し、透明感のあるカラーに仕上がるのです。

 

 

よかったら、ぜひ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

デジパ強くかかり過ぎてジリジリになった髪をサラサラに直すぜ!

色鮮やかなラベンダーグレージュカラー

PAGE TOP