Loading

BLOG

ハンパない透明感のハイトーングレージュカラーをブリーチなしで!

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。全国にらめっこ選手権で2歳児に一回戦で負けました。

今日はハイトーンなアッシュグレージュカラーをブリーチなしで染めたスタイルをご紹介致します。とても綺麗ですので、ぜひ、血眼になってご覧ください。

ブリーチなしでハイトーングレージュカラーに染めたンゴよ。

グレージュとは、グレーとベージュのミックスされた色です。

特徴として、透明感があり、柔らかい感じで、とても透明感があります。

グレージュにしたい場合、ブリーチをしなければいけない、と10人中13人は思っているそうなのですが、なかなかブリーチはしたくない、というのが本音だったり、正直な気持ちだったりしますよね。

僕は、ブリーチしなくてもグレージュに出来ないか、と様々な試行錯誤を繰り返しました。この色味を使ったらどうか、こんなふうに塗ったらどうか、アラームのスヌーズは何分おきがいいのか、繰り返し繰り返し実践してきました。

そして、ある実験をしている時に、閃きました。

水が入った試験管に水を入れたら水になるのではないか?その予想は見事に当たり、さらにそれに水を加えると、さらに水になるのではないか?

その実験は見事に成功し、今、僕はブリーチなしでもグレージュカラーに出来る技術を手に入れた。

もしかしたら、実験とカラーリングの技術は関係ないのかもしれない。だけども、この世に意味のないことなんてないし、関係を断つことも出来ない。みんな違って、みんないい。全ての人に、平等であれ。ハクナマタタ。ウィンガーディアム・レヴィオーサ。

 

ハイレベルで意味が全くわからなくなったところで、ご紹介しましょう。

 

こちらが、ハイトーンなグレージュカラーだ。

いかがだろうか。

あなたは、「さすが水に水を足したら水になる実験を成功させただけあるな」と思ったことだろう。

それがなければ今の僕はないし、僕のカラーも、カラーとしての機能は果たせてなかった。

つまりは、意味がわからん、ということですね。

 

 

 

よかったら、ぜひ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

明るめラベンダーアッシュカラーであなたの心はボナペティ。

ブリーチなしのアッシュなグラデーションカラー。

PAGE TOP