Loading

BLOG

明るめのピンクアッシュカラー!

原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。お気づきかとは思いますが、漢字四文字変えると菅田将暉になります。

最近とても天気がいいですね。天気は英語でウェザー。綴りはwhether。そう。つまり、ピンクアッシュカラーということ。

ピンクアッシュカラー。暖色と寒色のミックスなわけであります。

あなたは、いま、こう思いましたね?

「暖色と寒色って、合うの?」

そう思うのも無理もないだろう。

しかし、思い出してほしい。じゃがバターに、イカの塩辛を載せて食べるなんて、誰が考えただろうか。ゴルゴンゾーラのピザにハチミツをかけるなんて、誰が考えただろうか。眞子様と小室圭くんが結婚するなんて、誰が考えただろうか。お二人とも、どうかお幸せに。

とにかく、僕は思うのです。

意外と合うものなんて、いくらでも存在するのかもしれない。あ、このいくらでもの「いくら」は、海鮮のいくらでもYOASOBIのいくらちゃんでもなく、あの、その、違ういくらです。ええ。

ピンクとアッシュ。反対同士の色を組み合わせる。それはつまり、喧嘩しないで仲直りさせつつより強い絆を生ませる、ということ。

 

僕は何を言ってるんだろうか。

 

 

 

こちらをご覧ください。

よかったら、ぜひ。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダークグレージュカラーの透明感であなたの心はフィラデルフィア

お料理は、楽しいですね。

PAGE TOP