Loading

BLOG

イヤリングカラー!少しだけブリーチして柔らかいレッドを。

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。昨日、フレディー・マーキュリーとケンカする夢を見ました。

今日は耳周りのみブリーチをしていれるカラー、イヤリングカラーというものを紹介します。お忙しい中とても恐縮ですが、耳の穴かっぽじってよくお聞き下さい。

イヤリングカラーとは

イヤリングカラーては、耳周り部分のみを根元から毛先までブリーチし、そこに鮮やかなカラーを入れたスタイルになります。

インナーカラーと何が違うの?と聞かれたらまぁそれはまぁうん、せやな。となりますが、インナーカラーは後ろの襟足部分にも入れる場合が多く、今回ご紹介するイヤリングカラーは耳周りのみですので、そう言ったネーミングがついたのだろうと推測されます。詳しいことは知らん。

とまぁ、とりあえず、

  • 耳周りのみ→イヤリングカラー
  • 耳周り&襟足とかも→インナーカラー

と覚えておけばいいだろう。期末の模試にもしかしたら出るかもしれないので、覚えおくように。

イヤリングカラーのメリットと言えば、

  • ブリーチする部分が少量なのでダメージが少ない
  • チラリと見え隠れするコントラストの差を楽しめる
  • 耳にかけたりしたら、めっちゃおしゃれ
  • 普段隠れているので厳しい規則がある会社や学校でも、やり過ごせる。(よく見たらバレるよ)

ということだろう。

 

パッと見はわからないだろう。

しかし、これをめくってみると、

 

あら不思議、トンネルを抜けるとそこは雪国だった状態。

鮮やかインナーカラーはとてもおすすめです。あ、イヤリングカラーね。

よかったら、ぜひ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

映画は素晴らしいですね。

ああああんグレェェエーーー!!!!!

PAGE TOP