Loading

BLOG

魅惑のミルクティーグレージュカラー

今日はとても雨が降りしきる日でした。僕は、雨が好きでも嫌いでもないです。でも、強いて言えば、とても嫌いです。そんな日こそ、ミルクティーグレージュカラーなのかな、と思っていますが、あなたも、思いますよね?

え?、、、思わない?

その意見、エクセレント。

明るめのミルクティーグレージュカラー!!

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。志尊淳に似ているね、と言われたことが、一度もありません。

今日はミルクティーグレージュカラーです。

出来れば、明日も明後日もミルクティーグレージュカラーがいいな、と思っています。

そして、「毎日がエブリデイ」なことが、僕の目標でもあり、憧れでもあります。

ミルクティーというのは、紅茶に、ミルクと砂糖を入れた飲み物です。

僕はミルクティーを、ほぼ飲みません。僕は、紅茶もコーヒーも、昔からブラックなのです。甘党とは縁がありません。

僕がそうなったのは、中学か高校だと記憶している。

大人になりたかった僕は、苦い苦いコーヒーを、ブラックで飲んでいた。本当は、シュガーやミルクがたっぷり入った、「それほぼカフェオレだろ。」というくらいのコーヒーが好きだった。

しかし、僕は大人になりたかったのだ。好きな女の子の前で、「あ、僕はブラックで。」と喫茶店で注文したかった。

「ますみくんって、、、大人♡」と思われたかった。

そうして、僕のブラックコーヒー生活が始まった。途中挫けそうになり、パックのコーヒー牛乳に手が伸びそうなこともあった。ミロを買いそうにもなった。しかし僕は、コーヒーのブラックしか、飲まなかった。

そうしていくうちに、本当にブラックコーヒーが好きになった。

甘いコーヒーが、苦手になった。

紅茶も、ストレートしか飲まなくなった。

するとどうだ。ミルクティーという色が、わからなくなった。

どうしよう。僕は焦った。焦って、ズボンのチャックを閉め忘れることもあった。

 

そうだ。髪色で表現しようじゃないか。。。

 

僕は、天才だった。エジソンやダヴィンチと並ぶ、天才。

その意見をお客様にぶつけてみたところ、「なんて?」と言われましたので、シンプルに謝りました。

シンプルに、美しい。

これが僕の、思い出たっぷりの、ミルクティーグレージュカラー。よかったら、ぜひ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

色鮮やかなラベンダーグレージュカラー

色素薄めなマットグレージュカラー!!

PAGE TOP