Loading

BLOG

アッシュグレージュカラーの素晴らしさ。

 

いやー!!ほんとねーー!!!

いいよねーーー!!!!

もうね、街歩いたら胴上げされますよ。本当に。

ソーシャルディスタンス胴上げ、ですかね、今は。

受け止めてくれない、胴上げ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の話?

 

 

 

 

 

 

早くも1月が終わろうかとしています。

年があけて瞬く間に時が過ぎ去り、こうやってまた12月くらいになって年を越して来年になり、、、

嗚呼、時間の流れというものはこんなにも早いのかと、今朝、うんちをしながら思いました。

しかし、流れゆくときの中で、色褪せない素晴らしいものが、存在します。

秋の紅葉や、冬の雪景色。夏の空に、春の桜。そして、そう、僕のアッシュグレージュ。

 

僕のアッシュグレージュは、一言でいうならば、、、そう、アッシュグレージュ。

あまりの透明感に、有村架純か僕のアッシュグレージュかって迷うレベルの、透明感。え?羊肉の焼肉?それはジンギスカンな。北海道バンザイちゃうねん。

そして、石原さとみの唇か僕のアッシュグレージュか、ってくらいの、ツヤ感。え、あ、いや、ツナ缶じゃなくて、ツヤ感な。だれがサラダに混ぜましょうやねん。

そう、つまりは、素晴らしいアッシュグレージュカラーというのが、わかるはずだ。

赤みのないアッシュグレージュカラーにするには、それなりの技術、それなりの知識、それなりの歌唱力が必要だ。

誰にでも出来る技術ではなく、だれにでもある知識でもなく、だれもが出せる歌声でもない。

高校生の頃、誰もいない田んぼ道を、自転車を漕いでいた僕は、大声でスキマスイッチを歌っていた。なんて気持ちがいいんだろう。夕暮れ時の山々をバックに、緑力とした道の中で、歌う。大サビにさしかかったところで、クラスの女子2人が脇道にいるのに気づいた僕は、このまま世界が終わることを望んだ。

 

 

 

 

 

 

そうして、アッシュグレージュカラーが出来るのだ。

 

 

 

 

 

 

 

よかったら、ぜひ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Club house はじめました。

電車の中でニヤけた画像。

PAGE TOP