Loading

BLOG

雪、積もってない。俺氏、悲しい。

 

僕は、九州の長崎出身だ。

18歳まで、長崎にいた。

長崎は、雪が、たまに降る。しかし、雪が積もるのは、2,3年に1度くらい。

長崎は、坂が多くて有名な県だ。「全力坂」というミニ番組があるが、長崎だと一生出来ることだろう。

学校や住宅は、坂の上に建つことが多く、それもあってか、学校に自転車通学は禁止されていたのだ。おそらく、危ないからだろう。中学は徒歩。高校はバス通学だった。

そして、その坂のせいか、雪が積もると、学校は必ず休みになる。

バスが坂を登れないからだろう。

しかし、我々長崎人にとって、たまにしかない積雪というのはとんでもなく稀なイベントであり、大雪の日は、学校が休みになったも、学校に集まり、雪で遊んだ。

朝、目が覚め、外に出るとそこは雪国。学校は休み。しかし、みんな必然と、学校に集まった。なぜかというと、学校は高台にあり、広大な敷地もある。そう、平地とは比べ物にならないくらい、とてつもない積雪なのだ。

雪だるまを作り、雪合戦をし、雪だるまを作り、雪合戦をした。先生も、いつのまにか加わっていた。

そう、我々にとって、積雪というのは、ビッグイベントなのだ。

そこから月日が経ち、僕は東京という、まるで国が違うかのような都市に住み、長崎のことなんてほぼ忘れかけている日々を過ごしていた。

しかし、しかしなのだ。

積雪にテンションが上がるのは、いまでも変わらず、そんなニュースが流れていようもんならテレビに釘付けになり、翌日の銀世界を想像してはニヤつき、ビールを飲む。

そして今日。

昨日から「今夜未明から東京23区内にも積雪の恐れあり」との情報をしっかりと掴んでは、深夜2時半まで30分の1回のペースで窓を開け、雪が降っていないか確認した。

その様子を見ていた我が愛犬は、不思議そうに僕を見ていた。

しかし、まだ雨は雪になっていない。

山下達郎も言っている。信じよう。

雨は夜更け過ぎに、雪へと変わるだろう。

そう思いながら、僕はやっと、就寝した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝、6時に目が覚めた。

雪が降る予報の日は、なぜか信じられないくらい早くに目が覚める。

雪が降っていることを、願っているのだろう。

しかし、近年、東京23区では、積雪はない。僕は、とても残念な思いを、してきた。

今度こそは、今日こそはと、願った。

僕は、朝6時、カーテンを開け、窓を開けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小雨だ。ただの、小雨だった。傘をさしてても胸くらいまで濡れるくらいの、嫌なタイプの小雨だった。

僕はガッカリを通り越して、世界を恨んだ。

なぜ、こんなことが起こるのか。

なぜ、世界は戦争や内戦を繰り返すのか。

なぜ、差別はなくならないのか。

なぜ、袴田吉彦はアパホテルだったのか。

そんなことを、思いながら、また寝た。

 

しかし、雪が積もると、困る人がたくさんいる。

これでよかったのだ。これで、これで、、、よかったのだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

正直に言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪だるま作らせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらからは、以上です。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

パーマ失敗&強いクセを同時に改善するストレートパーマ!!

ハイトーンは、やっぱりアッシュベージュカラーだよね!!

PAGE TOP