Loading

BLOG

最高級な暗めブルージュカラー

わたくし、原宿表参道で美容師をしております、楠本真澄です。蒙古タンメン中本が好きですがレギュラーな辛さを完食出来ません。

今日は、なんつーか、ブルージュっつうか、暗めの最高級なブルージュっつうか、そんなニュアンスで、書き記してこか、な? みたいなテンションで、行きたいと思うよ。

 

さまざまな最高級って、いろいろとあると思いますけどもね、なんつーか、カラーリングにも、あるよね、そりゃ、みたいなね。

 

僕は、最高級のフレンチをね、食べたことがありますけどもね、やっぱり、違うなって。あーなるほどー、ってね。一口食べるたびにね、なるほどーってね、首を縦にゆっくりね、動かしながらね、かるくリズム乗ってる風なね、ビート刻んじゃってる的なね、ニュアンスで食べてきましたけどもね、

 

最高級ともなるとね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わからん」

 

 

 

 

 

 

 

これに尽きるよね。

 

 

 

 

 

 

なんかの食材をあーしてこーしてね、液体窒素?浸透圧?踏んだり蹴ったり?まぁ、よくわからんのよね。ほんと。

でも、めちゃくちゃ、旨い。なんなんだこれはっ!ってその後1週間くらい言い続けて、24時間マラソンの6倍は感動したんだけども、よくはね、わからんのよ。

 

まぁ、今回のブルージュも、あなたによくはわからなくったって、いい。

でも、ただただ綺麗、ただただビューティフル、ただただ高田純次、、そんな感じでね、伝わればなって。

 

こちら、ご覧あれ。

 

 

ありがとう。嗚呼ありがとう。

よくわからなくたっていい。この美しさ、この透明感、このなんかいい感じ感、それを、感じていただきたい。

 

ぜひ、ご検討、下さいませ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

技術系動画を撮っています。

またヒロミヤさんに行きました。

PAGE TOP