Loading

BLOG

ラベンダー。君はいつもアッシュと一緒だね。

 

ラベンダー。

君は、いつも急いでいたね。

初めて会った時から、いつも足早に、僕を追い越していった。

あの、まだ夏の香りが残る9月の中頃も、君は、急いでいた。

 

ラベンダー。

僕は聞いたね。

なぜいつも、急いでいるの?

なぜいつも、僕を追い越していくの?

君は、どこか悲しげな顔をし、そのあとに、それを隠すかのように笑いながら、こう言ったよね。

 

 

「うんち、漏れてまうねん。」

 

 

ラベンダー。

君は、なぜいつも急いでいるんだい?

理由は、聞いたよ。

うんちしたいんだってね。それは、わかる。びっくりするくらい、わかる。

でも、君が追い越していった僕も、実はうんちを我慢している1人なのかもしれない。

ラベンダー。

君は、そんなことを、考えたこと、あったかい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ちょっとなに言ってるかわかんない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダー。

君は、アッシュくんと仲がいいよね。

あれは、友達として?それとも、もっと特別な、感情で、接してるの?

僕は、聞いたね。はっきりと、聞いたね。

ラベンダー。

君は、答えたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「CCレモンが、久々に飲みたい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダー。

君が言いたいことは、わかるよ。

美味しいもんね。だけど、昔からあり過ぎて、存在を忘れかけていたね。

それを思い出すように、ラベンダー。君は、飲みたいと、言ったんだね。

 

ラベンダー。

質問に、答えてくれよ。

ラベンダー。

俺を、見てくれよ。

ラベンダー。ラベンダー。ラベンダー。

 

アッシュとばかり仲良くしないで、僕のことも見ておくれ。

だって僕は、ラベンダー、君のこと、君のこと、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芳香剤だと、思っていたよ。

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

お、、、大和田さ、、ん、、、

プロ向け動画です。

PAGE TOP