Loading

BLOG

ラベンダーやや強めなアッシュカラーであなたの心はカプチーノ。

久しぶりに雨が降った土日でしたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?僕はあいも変わらず、もずくのような天然パーマをなびかせながらアッシュカラーを塗りまくっていました。

そんな中、ラベンダーがやや強めな、アッシュカラーを仕上げましたのでぜひ目ん玉見開いてご覧ください。

ラベンダーやや強めアッシュカラー

私、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。水を飲む時、だいたい真顔で飲むことが多いです。

9月に入って早2週間が経つようですが、なんていうか、まだコロナの余波というか、ご予約はとても空きがあります。

なので、スーパーお気軽に、そして直近でも構いませんので、ご都合よろしい方いらっしゃいましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

さて、もずくパーマことわたくしですが、アッシュカラーが得意です。得意というか、好きです。好きというか、どちらかというと、ライクです。ライクということは、そう。ラルクということですね。

ラルクかグレイか。悩ましい問題ですが、僕はどちらとも大好きです。

ライブでは、GLAYのライブには3回ほど行き、盛大に感動しました。

もちろんそのライブに行った時も、僕はもずくの天然パーマで行きました。

なぜならば、それが天然というものだからです。

どうですか?

意味、わかりますか?

 

僕にはわかりません。きっとあなたも同じ気持ちなのでしょう。

しかし、それがなんだっていうんですか。

ラベンダーアッシュの話をしなければいけないということも、ありません。

「いやしろよ。」と心のなかで僕は今思ってしまいましたが、勢いというものはそう簡単には止められません。

 

 

 

さて、ラベンダーアッシュの話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

意外と止まりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダー、つまりバイオレットを強くしてほしい。お客様は静かにそう言いました。僕は、その言葉を聞いた瞬間、体が震えるような感覚になったと同時に、気がついた時にはもうNiziUのダンスを踊っていました。

慣れない踊りに僕は戸惑いながらも、踊りきりました。

お客様は言いました。

 

 

 

 

 

 

 

「どした」

 

 

 

 

 

 

僕は大和田さん以上の土下座を見せつけ、施術にとりかかりました。

 

ラベンダー強め、それでいて、透明感もある。

 

そんな髪色に仕上げる、自信しかなかった。

 

アッシュだったら僕。大麻だった伊勢谷友介。コカインだったら、ピエール瀧。

それでいいじゃないか。それで世の中、、、だめか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリーチなしで染めてますので、どなたでもお気軽に染まれるかと思います。

よかったら、ぜひ。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

暗めのグレージュ。あなたとわたし。ミトコンドリア。

明るめのカーキグレージュカラー的雰囲気たっぷりブリーチなしカラー!

PAGE TOP