Loading

BLOG

ブラックグレーアッシュな透明感カラー

全国なで肩選手権大会で5位に輝いた楠本真澄です。原宿で美容師やってます。

今日は、黒なんだけど、グレー、グレーなんだけど、アッシュ、アッシュなんだけど、黒、そんなカラーをご紹介致します。

ブリーチなしのブラックグレーアッシュカラー

 

なんかカレーのメニュー名みたいなタイトルになってしまいましたが、今回はとにかく、「暗さの中のグレー」というテーマで染めさせていただきました。

暗さの中のグレー、それはいわゆる、タイで食べるグリーンカレーのような、香辛料たっぷりのニュアンスというか、北京ダックのパリパリな皮の香ばしさというか、とにかく、そういう感じの、そんなあれな感じだ。

 

黒髪にしなければいけない。

だけど、重たくしたくはない。

透明感のある、柔らかい、軽い感じにしたい。

 

それはつまり、ブラックグレーアッシュということになる。

そしてそれは、僕がとても得意としている分野であり、チョコプラの松尾でいうIKKOのようなものである。

僕はこのカラーをやり続け、数々の透明感を提供し続けてきた。

透明感のあるカラーを見に纏った女性達は、歩いていたら街で胴上げされたり、見知らぬ男性から花束をもらったりして、その透明感の凄さを実感していた。

やはり、透明感というのは、女性にとってとてもプラスに働くということがわかります。

 

僕も、透明感がある、暗くても、黒髪でも、透明感がある女性が、良きかな、と確信しております。

 

今日はそんなカラーをご紹介したいのです。ええ。

 

 

 

 

お気づきの方もいるかと思いますが、ここまで内容ほぼ0の文章ですか、こちらのカラースタイルは、素晴らしい出来になっております。

 

目頭を熱くしながらご覧ください。

 

 

 

いかがでしょうか。この、グレー感たっぷりのカラーは。

あまりの綺麗さに、号泣しているのではないでしょうか。

しかし、それはそのはず。

この透明感を目の当たりにした人は、誰でもそうなるのですから。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、涙を拭い、予約をしてみようじゃないか。

 

レッツ、透明感。

レッツ、原宿。

 

よかったら、ぜひ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

美容師向け技術動画

BBQでは海鮮担当でやんす

PAGE TOP