Loading

BLOG

透け感たっぷりダークグレージュ。

 

はい、やってきましたダークグレージュ。

なんていうかね、最近は外にあまり出歩けないので、魚にはまってさばきまくっているわけなんですけども、魚をさばいて、盛り付けとかしている時に、ふと思うんですよね。

 

「やっぱり時代は、ダークグレージュやで」

 

なぜか関西弁でしたが、僕ははっきりとそう思いました。

 

なにか、ふとした時に、頭をよぎること、ありますよね。

魚をさばいているとき、うんちをしているとき、買ったばかりのリップクリームを探しているとき。

僕はいつも、「やっぱり、ダークグレージュやがな。」

と思うわけです。

 

ややクセが強い関西弁になりましたが、そう思うわけです。

 

そんなダークグレージュカラーは、やっぱり、綺麗なわけです。

 

 

 

暗くても、透明感。

これが、ダークグレージュであり、アベノミクスであります。

 

 

よかったら、ぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

レベルアップしてきました。

んん〜なんやねぇえん!!

PAGE TOP