Loading

BLOG

やや暗めアッシュグレージュであなたの心は皿うどん。

全国猫舌選手権大会(男子)で、銀メダルを獲得したことがある楠本真澄です。原宿で美容師やってます。

今日はとても綺麗でやや暗めででも透明感ハンパないアグレッシブかつスイートなアッシュグレージュカラーをご紹介致します。タイトルの皿うどんは関係ありません。

ブリーチなしのアッシュグレージュカラー

みんなコロナコロナって言ってますけどね、さすがにビールのコロナの売り上げが下がるってのはね、かわいそうなんじゃない?って思った僕ですが、ほんと、コロナ飲んでコロナになったら、それはえらいこっちゃってわけで、それはもうコロナウイルスやん、ってなるし、そこなの?発生源そこなの?ってなるし、てかトイレットペーパーが無くてツラい。

知らなかった。僕、知らなかった。デマかクマかわかりませんが、トイレットペーパーとかティッシュがなくなるっつって、それは大変だなー、とか言って買い占められて、気が付いた時には、どこにもない。

こんなとこでもペーパーレス進んでんだなー、って感心してる場合じゃなかった。

これ、いよいようんちの度に近くのデパート行かなきゃいけないんじゃない?家借りる時、あれ?トイレ無し物件選んじゃったっけ?ってなるんじゃない?てな感じでね、いま、ぼく、トイレットペーパーが、瀕死状態です。

そもそも、性格的にそんな備蓄をするタイプじゃないんですよね。無くなったら、買いに行く人です。だって、コンビニもスーパーも、めっちゃ近いから。大きな冷蔵庫があるんだよね、うち。みたいな。

そんなこんなで、余裕ぶっこいてたら、これ。家で自分のお尻が拭けない時がくるなんてね。これが、アベノミクス?

うちはね、リアルにね、あと、半ロールなわけでして、どう考えても、節約をしなければいけない状態なわけでして。ティッシュもね、在庫は無くて、各所に散りばめられたのが、3つ、半分ずつくらいでして、食べてる時に口をティッシュで拭う回数多いランキングで第2位の僕としては、人の8倍はティッシュを使うわけでして、これはもう、=死、ということなのかな、みたいなわけでして。

そんなこんなでね、一応僕もしがない美容師でして、いい加減カラーの話でもすればええやん、となるわけですけども、いかんせん、紙がないわけで。

ペーパーレス化は大いに歓迎ですし、ぼくは普通の方よりもかなりペーパーレスで過ごしてますし、家電の説明書とかすぐ捨てますし、本もKindleだし、僕天パだし。

 

ということで、今回のアッシュグレージュがこちら。

よかったら、ぜひ。

 

 

 

 

トイレットペーパー余裕ある方、ご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブリーチ毛部分とブリーチしてない部分を上手く馴染ませたハイトーンアッシュベージュカラー

ブリーチオンカラー!ミルクティーベージュ!ジュジュジュ!

PAGE TOP