Loading

BLOG

西日に照らされたアッシュベージュはベルサイユに咲いた花のようだった。

 

「おい、そんなジロジロ見んなや」

僕は、ベルサイユに咲いた花を見ていたら、誰かからそう言われた。

あれ?誰もいないはずなのに。ジロジロ見んなやって、僕に言っているのかな?

「おい、お前や、お前」

ん?あれ?お花が喋って、、、る?

「そう、そう、お前やねん。なんでそんな見んねん。恥ずかしいやないか」

僕「え?お花さんが、喋ってるんですか?」

「喋ってるんですか?やあらへんがな。喋られへんやつに喋ってますか?て聞くか?喋ってるから聞いてんねんやろ」

僕は、耳を疑った。あと、目も疑った。衝撃で我慢してたうんちも漏れた。

花が喋っている。ベルサイユに咲いた花が、僕に喋りかけている。

 

関西弁で。

 

僕「あの、いろいろ聞きたいんですけど、なんで喋れるんですか?」

「アホか自分。ベルサイユの花はみんな喋れんねん。アホか。アホか。アホか」

僕「言い過ぎです」

「あぁ、すまん」

僕「なんで、ジロジロ見ちゃいけないんですか?お花、綺麗だから、つい見てしまうんですよ」

「アホか。ワシが綺麗なのは当たり前や。ベルサイユの中でもトップに君臨しとる花やで。ほんで、ワシ、男やろがい。綺麗な女性に見られるんは嬉しいけど、お前みたいな男に見られたないねん。アホか」

僕「なんでやねん」

「おわ!?ん、あぁ、すまん」

僕「花にも、見られたいとか、見られたくないとかあること、初めて知りました」

「せやろ。ベルサイユの花は、ほとんどオッサンやで」

僕「はぁ、、、」

「はぁ、あらへんがな、ベルサイユはそうやねん。モンサンミッシェルとかは、ほとんど美女の花やで」

僕「んじゃ、そっち行ってきます!」

「待てや。切り替え早過ぎやん」

すると、その花は寂しそうに下を向いてしまった。

僕「うそやん。モンサンミッシェル遠いから、行かへんやん」

 

「うそかい。なんやねん自分。ん?てか、さっきから、うんち臭ないか?」

僕「あぁ、さっきあなたが急に喋りかけたから、ビックリして漏らしちゃったんです」

「ほんまか。それはすまんかったで。っておい。肛門の筋肉ないんか。そんくらいで漏らしとったらえらいこっちゃやないかい。アホか自分」

僕「嘘です」

「いやうそかい!」

僕「ほんとです」

「ええ加減にせえや!」

どうも、ありがとうございましたー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、なんの話?

 

 

 

いかんいかん。つい脚本を書いてしまうクセが出てもうたわ。直さへんとな。

 

西日が差し込んで素晴らしい透明感になっております。

よかったら、ぜひ。

 

 

 

 

 

 

最初のくだり読んでくれた方、よく読んでくれました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

てへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブリーチなしのスーパーグレーのアッシュグレーカラー。

デジパによりゴワゴワになった髪をサラサラのストレートに。

PAGE TOP