Loading

BLOG

僕の足には、魚の目があります。

 

痛いんですよねー。ほんとに。

なんでこう、出来ちゃうかなー。ほんとに。

定期的に、出来ちゃう。ディアゴスティーニか。

立ち仕事なので当然なのかもですが、にしてもね、痛いのね。

だから、ちょくちょく皮膚科に行って、魚の目を取ってもらってるんですよね。ええ。

今日もね、久しぶりに、皮膚科に行ってきましたよっと。

皮膚科に魚の目取りに行く人ってどのくらいいるんだろう?

たぶん、今日だと、日本で僕だけなんじゃないかな。どうでもいいけど。

 

んで、いつも見てくれるのが、おばさんの中のおばさん、的な、絵に描いたようなおばさんなんですけども、たぶん、根菜とか、美味しく仕上げちゃう感じ。

それで、診察室入って、開口一番に「魚の目?」って聞かれて、ほんと、びっくりして、魚の目の常連かな、って。「あぁ、いらっしゃい。とりあえず、いつもの?」みたいな。んで、「あっ、はい」って、言っちゃって、「あっ」って最初に言う人いますよね。そんな人に対して僕は「小林製薬か」っていつも言うんですけども、今回に関しては、おれは小林製薬か、って心のなかでつっこんでしまって、まぁ、そんなことを思いながら、魚の目をね、また取ってもらったんですけども。

なんか、「なんでこんなに出来るのかねぇ?」って聞かれて、「はぁ、、」って会話してたんですけどね、

おばさんが、僕の靴をね、見てね、ハッ!って顔をしてね、なんかなって思ったら、

 

 

「靴紐、ゆるくない?」って

 

「あぁー、まぁ、ゆるすぎはしないけど、多少は着脱しやすく、ゆるくしてますかねぇ、めちゃくちゃキツくはないですねぇ」みたいな感じで言ってたら、

 

「それかもねぇ〜、ほら、ゆるかったら、底のほうで摩擦が起きて、体重かかって、魚の目出来たりするのよ〜」

って、「なるほど〜」って言って、

まぁ、多分それだけじゃないとは思うけどね〜、みたいなことも言われつつ、魚の目とってもらったんですけど、

ありがとうございましたーいえお大事にー

みたいなやりとりで無事終わり、お会計を待合室で待ってたわけですけどね、スマホ見ながら、ほぉーって、待ってたら、

 

 

 

「楠本さん、もう一度診察室にお願いします!」

 

って、急に、割と大声で、呼ばれて。びっくりしちゃって。この中にお医者様はいませんか!?くらいのあれでしてね、びっくりしちゃって。

 

周りで待ってる患者と、2,3人、目合ったよね。

 

お客さん!忘れ物!みたいな、あの勢い。なかなかの勢い。たぶんクラウチングスタートでしたね。

 

んで、魚の目取り忘れたのかな?みたいな、よく考えたらあり得ない心配をしつつ、また診察室に行ったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「靴紐、キツく結ばないと!!」

 

 

 

 

 

 

 

ふぇぇええええええええーーーーーー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

そのためにわざわざぁー!!!!

 

 

 

 

 

 

ありがとぉおお!!だけどもっと静かに言ってぇぇええええ!!

 

もうね、怒られたかと思ったよね。

この歳で怒られるの、なかなかよ?

まぁ、確かに、靴紐キツく結ばないといけないよ、ってくだりあったけど、その場で結ばなかった僕も悪いけど、

 

 

 

 

 

呼び戻すかねぇ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、僕は「あっ、えっ、あっ、はい」

とまた小林製薬になりながら、その場で、ロープで人でも殺めるんかってくらい、キツくキツく縛って結びましたとさ。

 

 

 

 

皮膚科で「靴紐、ちゃんとキツく結ばないと」って言われてる人いたら、それ僕ですので、そっとしといてください。

 

 

こちらからは以上です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

縮毛矯正している髪にパーマしたらスーパー広がりまくり!それを優しいストレートパーマでサラサラに!

柔らかなそよ風が吹き抜けるかのようなアッシュベージュ

PAGE TOP