Blogブログ

ブリーチなしのスモーキーアッシュグレーカラーやで。綺麗やで。

透き通るようなスモーキーアッシュグレーカラーにブリーチなしでしたいあなたへ。

 

好きだ。

こんばんは。原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。

竹内力さんとりゅうちぇるのCMが脳内再生されすぎて生きるのが辛いです。

さて今日は、

ブリーチをしないでのアッシュグレーカラーのご紹介をさせていただきます。

基本的にアッシュカラーとは、赤みがなければないほど綺麗です。

しかし、我々ジャパニーズは生れながらにして黒髪、つまりこれでもかと赤みが強い状態であるため、ブリーチをして赤みを削るわけなのです。

ブリーチをして一気に明るくし、赤みを失くしてからアッシュに染めると、それはそれはお綺麗なアッシュが完成します。

では、アッシュにしたい方はみんなブリーチすればええやん、とあなたは思うかもしれませんが、そんなあなたにはパンケーキと見せかけてハンペンを食べさせましょう。

ブリーチをすると、多少のデメリットもあるのです。

基本的に色落ちのスピードは早くウサインボルトよりちょい遅めくらいで、痛みもかなり蓄積されます。

そしてなにより、久しぶりにおばあちゃんとかに会うと、「あらまぁ〜!」とビックリされます。

会社勤めの方などは基本厳しいでしょう。

派手な印象を与えたくない方もたくさんおられます。

だけども、アッシュにしたいんだ、、!

ブリーチなしでも、アッシュにしたいんだ、、!

という方のために僕はいたりいなかったりします。そんな方はぜひ最後までお読み下さい。

逆に、アッシュなんかしたくないしブリーチしてもいいしそもそも染める気ないしその前に誰!お前。みたいなこと言う鬼な方は、今すぐこのページを閉じて鼻の穴にきゅうりとかチーズ入れて「私はちくわです。」とかやってて下さい。

アッシュカラーに真澄あり。

そんな言葉が世に出始め早2日。

今まで数多くのお客様にアッシュを提供しまくらさせていただきました。

技術、経験、知識、豊洲、これらを駆使し、赤みを最大限に抑えたアッシュカラーを、ぜひあなたにも体験していただきたいと思ったり、思わなかったり。

とにかく、こちらをご覧あれなのです。

せいせいせい。

いかがでしょう、ブリーチしていなくとも、この赤みの無さ。

溢れんばかりの透明感。

柔らかい質感。

築地移転問題の延期。

グレーの強さ。

とてもいい感じですよね。

巻くと透明感がさらに増します。

お客様も大満足していただき、let it go を大熱唱しながら帰っていきました。

アッシュにしたいけど、ブリーチはしたくない。赤みが嫌い。透明感が欲しい。お酒が強くなりたい。

そんな方にオススメです。ぜひご参考下さいませ。

ンフォッフォッフォー

関連記事