Blogブログ

ピンクアッシュカラーの愛しさと切なさと心強さと。

ピンクアッシュカラーの素晴らしさを、大声で伝えたい。そして、「うるさい」って言われたい。

こんばんは。原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。

もしかしてみんな気づいてないかもしれないので発表しますが、

実はもう9月の中旬です。今スマホの前で、「マジきゃー!!」と叫んでしまったとは思いますが、事実です。

9月といえば、そう、オータム。つまり、秋です。

食欲の秋、読書の秋、ほしのあき、様々な秋があり、お調子者な人の一部では早くもクリスマスの事なんて考えちゃうくらいの季節です。

僕は季節の中でも、秋は好きなほうです。

秋も僕のことが好きな感じのニュアンスは出してきます。LINEもすぐ返ってくるし、長電話したがるし。ボディータッチも多めですし、あとほら、俺氏、秋刀魚とか、好きだし。

まぁとにかくそんなこんなで、ヘアカラーにおいても秋の雰囲気を出していきたいぜベイベウォウウォウ的なオーダーも多くなりつつありますね。

そこで、うんちマンこと、楠本真澄が提案するヘアカラーは、秋にぴったりのピンクア、、、いや誰がうんちマンやねん。

てかうんちマンって、、なんやねん。

僕が秋に提案したかったりしたくなかったりするカラー。それは、

可愛い髪色の代表格。ピンクアッシュカラー!

なのです。

ピンクアッシュとは、僕の中では「ほんのりピンクのアッシュカラー」です。

ピンク強めではありません。赤みを感じさせることもありません。僕はうんちマンではありません。

ベースは透明感溢れるアッシュカラーだか、そこにほんのりピンクを使い、華やかな可愛らしい印象を与えるヘアカラーになります。

まずはこちらをご覧あれです。

美しいですね。あまりの美しさにうんち漏れてしまいましたが、構わずいきます。

ピンクアッシュカラーのいいところを一つだけ挙げるとしたら、

  • ツヤが出る
  • 色持ちが良い
  • フェミニンな印象
  • 透明感がある
  • どんな肌色にも合う
  • 可愛さが溢れてしまう

などあり、とてもナイスなカラーといえます。

そして、アイロンで巻くと

このような感じに。

私こと、うんちマンがいつもご紹介するアッシュとは違うニュアンスですが、、、いや、ちょまっ、、、だから誰がうんちマンやねん。

とにかく、いつものアッシュとは違い、ややピンクが入っているので暖かみが生まれます。

つまり、オータム的な秋な感じの季節にはなかなかオススメのカラーとなっており、どんなカラーにするか迷っている方はぜひご参考くださいませ。


私は必ず透明感があるカラーしかしませんが、ピンクという暖色が入っても透明感が出るように調合しております。

もちろん巻いても、とてもとてもナイスなカラーになります。


こんなカラーも、ぜひご参考ください。

関連記事