Blogブログ

グラデーションカラーって、それ俺が好きなやつ。

こんばんは。原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。「新しく使うノートの最初のページのみ綺麗な字で書く奴選手権」で2連覇を果たしてます。

我が仕事仲間であるmy iPhoneがすこぶる調子が悪くブログ更新が出来ませんでした。

申し訳ありませぬ。

さて今日は、みなさまにグラデーションカラーをご紹介させていただきます。

僕がこの世に生まれて初めて喋った言葉が「シルバーグラデ」というくらい僕はグラデーションカラーにこだわりを持ってますし、初めて買った携帯のアドレスを”gradation ash wonderful unchi”にしたほどの熱い気持ちもあります。

確かに、あなたが今思っている通りそんな情報はどうでもいいのですが、まぁたまにはいいじゃないすか。

とりあえず、グラデーションカラーをする上で最も大事で必要なものがあります。

  • 境目を作らずにナチュラルに繋げる技術
  • アッシュカラーへのこだわり
  • ブリーチカラーの経験
  • あの夏の思い出

これらがないと基本グラデーションカラーは出来ません。

境目を作らずにナチュラルに繋げる技術は必ず必要で、基本中の基本。

サッカーにおけるインサイドキック、飲む前のウコンの力、キス前のマウスウォッシュ、くらい基本的なこと。

そして、あの夏の思い出は人それぞれだと思うが、田舎にある森、田んぼなどが風景にあるとなお良いです。

都会育ちはサマーウォーズとか思い出して下さい。

てことで、グラデーションカラーのスタイルを過去のものを含めどうぞ。

ンフォフォフォ。

いい透明感ですね。

ワンメイクカラーに飽きた方や、バッサリ切る前に遊びたい方などには持ってこいのグラデーション。

とてもおすすめです。

こんな感じが好きな方は、ぜひ。

関連記事