Blogブログ

ハイライト入れてからのグレーアッシュカラーでハンパない透明感に。

こんばんは。原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。酢豚のパイナップルは、許せる派です。

さてさて、今日もとっておきのグレーなアッシュをご紹介させていただきますぜ。

今日のグレーアッシュは、ハイライトを入れております。

なぜハイライトを入れるのか?

今日はそこんところの説明を入れたり入れなかったりしながら書いていきます。ハイライトを入れる理由は全部で392個くらいあるのですが、まとめると「綺麗に染まる」からである。

なぜ綺麗に染まるのか。これも理由が612個くらいありますが、お腹空いてるので全て割愛します。

ハイライトをオススメしたい髪質の方

(チェックが多ければ多いほどハイライトオススメやで)

  • 髪が太く赤みが強い
  • 暖色系の髪色が嫌い
  • 透明感のある寒色系の髪色が好き
  • グレーアッシュという髪色がすこぶる好き
  • 髪が硬く重く見えるので柔らかい質感にしたい
  • 最近、抜け感や透明感という言葉に敏感
  • グラマラスで外国人風な髪色が好き
  • そば派かうどん派かと聞かれたら圧倒的にチキン南蛮派
  • 雰囲気(ふんいき)をずっと(ふいんき)と思っていた

どうですか?いくつチェック当てはまりましたか?チェックが多ければ、ハイライトはとてもオススメです。

こちらをご覧ください。

この、、、ファンタストゥィイックゥカラー!!グレー、そう、とてもグレー。

あなたは今このグレーアッシュを見た瞬間、あまりの衝撃と感動で逆立ちしてしまったんじゃありませんか?

電車の中とかちょっと目立つのでやめておきましょうね。


ストレートですと、こんな感じに。

僕が入れるハイライトの特徴として、「極細」になっております。

これは僕が地元九州の頃から愛してやまない博多とんこつラーメンの極細麺が大好きだから、という理由では、ない。

全体に細かくハイライトを入れることにより、ベースの髪色との馴染みがとてもいいのだ。

馴染みがいいと、「はい!わたしハイライト入れました!」という主張はさほどなく、全体をブリーチしたような透明感に包まれる。


とても馴染んでいます。人見知りでも馴染めます。


この圧倒的グレー感。

素晴らしい髪色。

赤み駆逐。

たまらないです。


こんな感じのグレーアッシュにしたい方は、ぜひ。

関連記事