Blogブログ

ブリーチなしアッシュシリーズ。グレージュカラーの透明感がパナいお。

こんばんは。原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。教室のカーテンで手を拭くやつ、いたよな。

今日はとてもいい天気でした。秋晴れ、というやつらしいです。「雲一つない空だね。」と言って空を見上げた瞬間に6つくらいの雲を確認出来ました。

僕は秋が大好きです。紅葉とか秋刀魚とか、爽やかな風だったりとか、紅葉とか。

そして、実はそんな秋にぴったりなカラーがあるのです。

それは、ブリーチなしのグレージュカラーなのです。

ちなみに、秋だけでなく春にも夏にも冬にもぴったりな髪色なのです。

このグレージュカラーは、とてもいい透明感を出すカラーとして有名です。

他にも、赤みを抑えてくれて柔らかい髪質に見えたりするし、飲み会の前に隠れてウコンの力を飲んでもバレにくかったりする、というメリットがあります。

そんな魅力たっぷりのブリーチなしで染めるグレージュカラーが、こちらです。


見よ、この透明感。

そして、赤みの無さ。赤み皆無です。

僕のアッシュやグレー、グレージュのカラーの調合は、少し特殊です。

説明するとビール片手に9時間は必要なので割愛しますが、とにかく、「赤みの駆逐」「溢れ出す透明感」「君達やっぱりプロミスだ」この三つがベースとなっており、ブリーチなしでもご満足いただけるアッシュを提供しております。


巻いてないときはこのような髪色に。

アイロンで巻いた髪色と巻いてない髪色では、やや差があります。

どちらかというと巻いた髪色のほうが透明感は出ますお。


グレーアッシュ、シルバーアッシュ、グレージュ、ブルージュなどのアッシュ系カラーは、他の色よりも「光を通す」ことが僕調査でわかっており、巻いた時の光輝くような透明感はこのためなのである。

「ブリーチはしたくないけど、綺麗なアッシュにしたいンゴ。」

とあなたは寝る時も眠っている時も泥酔している時も置いたはずのリモコンが消えた時もそう思っているのでは?

あきらめちゃいけない。

スラダンの安西先生は言いました。

「諦めたら、そこで試合終了ですよ。」

そう、諦めずにアッシュにしてみよう。

諦めずに、透明感を追い求めよう。

諦めずに、終電がまだないか確認してみよう。

こんな感じが好きな方は、ぜひ。

関連記事