Blogブログ

スモーキーアッシュという髪色の透明感が素晴らしい件。

こんばんは。原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。今週のジャンプのワンピースを見たら、涙が自然と出てきました。

もう今日はワンピースのおかげでセンチメンタルチック的雰囲気ですので、そんな時はいつだってスモーキーアッシュカラーに限りますね、ってことを伝えたいと思います。

スモーキーアッシュカラーとは、アッシュだけどもスモークされてるような、いわゆる燻んでいるようなアッシュです。

つまり、灰色的なあれです。

アッシュ自体が既に灰色的なあれですが、もっと灰色を強調させた感じです。

スモーク×アッシュという組み合わせは、実は「バジル×トマト」「カンニング竹山×ザキヤマ」「松岡修造×ラケット」くらいレベルの高い組み合わせなのである。

そして、スモーキーアッシュという髪色は、かなりの透明感を期待できるものなのだ。

こちらが、僕が染めるスモーキーアッシュカラーなのですが、わかりますでしょうか?

この溢れんばかりの透明感。

もはや目を凝らさないと見えません。

HUNTER×HUNTERでいうと、「凝」を使わないと見えないレベルです。

まだ凝を使えない方は、毎日「纒」と「練」を欠かさず行うように。

何言ってるかさっぱりわかんねー、って方はHUNTER×HUNTERを読むか、こいつバカだろと思ってて下さい。

あれですね。凝を使わなくても見えますね。

アッシュ系カラーに染める時、邪魔なものがあります。

それは、「赤み」です。我々ジャポネーゼの元々の髪色の中には、赤みがのり玉ふりかけの黄色いやつくらい溢れており、アッシュの邪魔をしまくります。

その赤みをどうにかしないと、綺麗なアッシュには染まってくれません。

そこで考えられる対策として、ブリーチをして赤みに「どっか行け」って言うのがあります。

しかしブリーチをすると、「ダメージ」「色落ちの早さ」「おばあちゃんがびっくりする」ということが起こるゆえ、なかなかしづらいのが現状だ。

そこで僕が提案したいのが、ブリーチなしで染めるか、極細のハイライトを入れるか、この二つです。

ブリーチなしでアッシュに染めるのも、極細のハイライトを入れるのも、赤みに対して「ちょっとだけどっか行け」というものだ。

こちらのスモーキーアッシュは、極細のハイライトを入れております。

ハイライトとその上から染める僕オリジナルのアッシュによって、赤みはどっか行ってます。探しても見つかりません。


明るさとして中明度といわれる7〜10レベルくらいの明るさは、ブリーチなしでもかなりアッシュが強く出せます。


今の髪色に満足出来てない方、赤みが出てしまっている方、ブリーチなしで透明感ある髪色にしたい方は、ぜひお任せあれです。

ンフォフォフォー。

関連記事