Blogブログ

暗めなアッシュグレーカラーをブリーチなしで。

ブリーチなしでアッシュグレーにしたいな。と心の中で常に思っているあなた。どうもこんばんは。

原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。下から読んでも楠本真澄です。

 

違いました。

今日のテーマはズバリ、アッシュグレーカラーという髪色に、ブリーチなしでしよう。という雰囲気です。

あなたが今このページを見ているということは、おそらくこんな思考回路になっていたはず。

11月なのに雪が降る→寒い→寒い→震える→西野カナ→震える→寒い→だけどアイス食べたい→でもこんな時間に→でも食べたい→よし決めた→髪色変えよう→アッシュグレーカラーだ→ブリーチなしで染めれるかな?→アイス食べたい→食べよう→ブリーチなしでアッシュグレーに出来るのか調べよう。←今ここ。

ではないでしょうか?

うん、違いますよね。

お客様からのオーダーもかなり多めな、アッシュグレー。10人に23人はアッシュグレーにしてほしい、とおっしゃいます。

アッシュグレー、僕も大好きな髪色です。

しかし、「ブリーチをしなければ出来ないよぉ〜。でゅふふ。」といつかの美容師に言われたこともあるはず。

ブリーチかぁ、、、したくないな、、、。

たしかに、毛髪へのダメージ、色抜けの速さ、パツキンのイメージ、そもそも会社がダメ、等々いろいろな理由でブリーチはしたくありませんよね。

そこで僕は、そんな悩めるあなたのために8歳くらいからブリーチなしでアッシュグレーにどのようにして出来るか、をみんながポケモンでミュウツーがどうとか騒いでる中、1人で常に考えてきました。

そんなポケモンに目もくれなかった僕が染め上げるアッシュグレーカラーが、こちら。

なんということでしょうか。

とても、とても美しいアッシュグレーです。あまりの透明感とツヤにお客様は大喜びで、その場でサッカー選手がゴール決めた時のようなガッツポーズを繰り返してました。

 

嘘です。


信じられないほどに綺麗なアッシュグレー。

技術と経験、そして「必ず綺麗な髪色に染めさせていただく。」という気持ち

そう、この気持ち、熱意が綺麗なカラーリングをする上で必要なのです。

僕は、愛情をもってお客様に尽くしております。

滑舌は、とても悪いです。


巻いていない、ストレートの状態です。ブリーチしていないので、ツヤがあります。

そしてもちろん、ブリーチした状態に比べ、色持ちははるかに良いです。

とても美しいアッシュグレー。よろしければぜひ、ご参考ください。

関連記事