Blogブログ

ストカールという技術。クセは真っ直ぐ毛先はワンカールにするンゴ。

今回は、クセや広がりに悩むあなたにぴったりな、ストレートパーマより1つ踏み込んだ技術、「ストカール」をご紹介致します。

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。家の中以外はだいたい靴を履いております。

クセや広がりが悩みだけど、ストレートパーマとか縮毛矯正は嫌。だって、シャキーンと真っ直ぐなり過ぎるもん。

というあなたの悩み、僕は痛いほどわかります。

僕もかなりのクセっ毛で、一度髪の中でてんとう虫が死んでたことがあります。

その他にも、体育の授業でプールがあった時なんて、終わったあととても悲惨なことになり、友達に「いつの間にパーマかけたん?」と言われた過去もある。(なんで学校ドライヤーなんねん。)

そんな僕は、真っ直ぐな髪に憧れて、ストパーをかけに行きました。

するとどうでしょう。

シャッキーン!と真っ直ぐになり過ぎてて、まるで針金みたいな感じに。

もちろん似合うわけがなく、「シンプルに消えたい」と思ったのをよく覚えております。

そこから数年、美容師になった僕は、研究に研究を重ね、ドラマとかアメトーークとかも見逃さず、ある技術を完成させました。

それが、ストカール。

ストカールとは、クセや広がりをサラサラの真っ直ぐにしつつ、毛先にワンカールを加えた技術、である。

なぜこのストカールを僕がオススメしたいかというと、今までのストパーや縮毛矯正では再現出来なかったナチュラルさ、そして毛先の可愛さ、を再現できるからである。

まずこちらをご覧下さい。


しっかりとしたクセ、そして広がり。毛先のほうはダメージが蓄積されております。

この状態からカットをさせていただき、ストカールをかけていきます。

施術工程は、あまりに長くなり過ぎるので割愛しまふ。ぴゃ。

このストカールは、ストレートパーマをかけた後にパーマをするわけではなく、ストレートパーマをかけながら行うワンプロセス施術です。

ダメージ、時間、コスト、ともに優しい技術です。

こちら、ストレートパーマの施術途中で、カールを加えている場面。

画面がボヤけているかと思いますが、これはナノスチームを当てている状態。

このナノスチームが以外とこのストカールの鍵なのです。フフフ。

そして、仕上がりがこちら。

クセや広がりはなく、毛先はぷるっとしたワンカールに。

これはもちろん、アイロン、ブローでは仕上げておりません。

手で乾かしただけでこうなるのです。

あなたは今びっくりし過ぎて、スクワットを始めたんじゃありませんか?僕もしてます!嘘です!

こんな感じにしたい方は、ぜひ!

カット+ストカール      ¥22,550(税込)

関連記事