Blogブログ

ブリーチなしで赤みを消すアッシュグレーの魅力。

今日はとっておきのアッシュグレー、それもブリーチをしないで染めたカラースタイルをご紹介致します。


こんばんは。

原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。福士蒼汰くんに似ていない、と言われたことがあります。

ブリーチなしでアッシュグレーに

我々日本人のもともとの髪色は、黒。髪の中にメラニン色素があり、その色素の多くは黒褐色。よくわかんないと思いますが、これは赤みを強く帯びております。

単純に色が付いてないカラー剤、明るくするだけのカラー剤で染めると、赤みを強く帯びた茶色になります。

今回のテーマであるアッシュグレーは、その赤みとは真逆の色味。普通にアッシュとかグレーのカラー剤で染めても、茶色になってしまいます。

強い赤みをブリーチなしで打ち消すのは至難の技。朝一にチキン南蛮弁当を食べることより難しいとされています。

ですが、、、

僕のカラーレシピにかかれば、そんなものお手の物。

泣きたくなるくらい赤みを帯びた茶髪だって、ちょちょいのちょいちょいで、

こんなアッシュグレーに。

カラーの配合としては、まず赤みを消しまくるもの、グレーを強く発色させるもの、アッシュの透明感を出すもの、ツヤを出すもの、色気を出すもの、あの夏の思い出、を配合します。

このくらいの暗めなら、簡単に誰でもアッシュグレーにすることが可能でしょう。

あなたもよかったら、ぜひご参考下さいませ

関連記事