Loading

BLOG

なんということだ。。。

 

http://www.asahi.com/amp/articles/ASKBS6D22KBSPTIL024.html

「黒染め強要で不登校」生まれつき茶髪の女子高生が提訴     (出典:朝日新聞)

 

なんて、こったい、、、

とてもショッキングなニュースが僕に飛び込んできました。じゃがりこ食べてる場合ではありません。

 

学校側が言ってることがまかり通るのなら、生まれつきの髪質を全否定することになります。僕は日本屈指の天パですが、「天パはダメだ、ストレートにしなさい。このバカタレ。」とか言われたらもう死ぬしかありません。

 

「君、髪多いな、梳いてきなさいこのバカタレ。」

「君、髪少ないな、エクステ付けて増やしてこいこのバカタレ。」

「君、髪太いな。細くしなさいバカタレ。」

「君、髪がストレートすぎるんじゃないか?ニュアンスパーマかけてこいこのバカタレ。」

「君、髪の毛が黒過ぎるんじゃないか?気持ち明るくしてみんなと一緒にしなさいこのバカタレ。」

「君、ハゲとるやないか。リーブ21行ってこいこのバカタレ。」

という、一見「こんなこと言われるわけないでしょこのバカタレ。」というようなことと同じことを、まだ10代の女子高生は言われ続けてたのですね。

とてもつらかったことでしょう。

 

みんなそれぞれ、一人一人、必ず髪質は異なります。同じ髪はこの世に2つは存在しません。血が繋がった家族でも、全く違いますよね?

生まれつき、天パだっただけ。

生まれつき、髪が多いだけ。

生まれつき、髪が細いだけ。

生まれつき、髪が茶色いだけ。

それぞれが生まれつき持った特徴です。

茶色い髪だけ批判されるのは、とても許し難いことですよね。

生まれつき茶色い髪を否定するということは、生まれつき天パを否定し生まれつき直毛も否定し生まれつき髪が薄いのも否定するということ。

たまたま生まれつき茶色い髪が生えてきた女の子だけが例外ではないのですよね?

 

ニュースをみてとても悲しい気持ちになりました。

2年前に、同じような状況で黒染めをした高校生のお客様を施術したことがあります。

地毛がもともと茶色く、レベルでいうと7レベルくらいで、学校の先生から黒染めをしなさい、と何回も注意を受け、黒染めを何回もしたようです。

 

市販の黒染め剤で染めてはいけない理由とサロンで黒染めするべき理由。

ここに書いてある通り、染めた履歴がない地毛に黒染めをすると、そこはブリーチをしたとしてもなかなか明るくならない、という事実があります。

僕はその旨をお伝えし、明るくならない、綺麗なアッシュにはなりづらい、とご理解をいただき、ブリーチをしましたが、やや明るくなっただけで、黒染め特有の赤みも出てしまい、地毛に黒染めは厳禁だな、と再確認しました。

 

食生活が欧米化し、メラニン色素の生成成分が変わってきております。

確実に昔よりかは、地毛が茶色い方が増えてきておりますし、眼の色も然りです。

 

このような悲しい思いをなされる方が減ることを願うとともに、教育者のご理解を切に願います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[2017A/W]ブリーチなしの高彩度ラベンダーアッシュカラー!

ピンクアッシュカラーのちょい明るめやで。

PAGE TOP