Loading

BLOG

ブリーチ部分とプリン部分をブリーチなしで上手く馴染ませました。

 

ブリーチしてたけど、そろそろ落ち着かねば、、、

しかし、ブリーチしてるところとしてない根元部分、普通にブリーチなしで染めて、うまく馴染むのか?

 

 

そう。その通り。

 

染める前の状態が違い過ぎて、普通に染めていては差が歴然になり、ムラになります。

 

じゃあ、どないすればええねん。

とあなたは泣いていることだろう。

その涙を、よければ僕に拭わせてくれませんか?

何を言っているんだ僕は。

ブリーチしてたところとしてないところを同じ色にしようじゃないか。ね。

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。なんだかんだいって手巻き寿司が好きです。

 

 

こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

X Japan 好きでしょ?

 

と聞きたくなりましたが、抑えました。

 

ご新規様でしたからね。

根元とブリーチ部分を綺麗に繋げてくれい、というオーダーです。

 

この技術、意外と難しいんですよね。

 

 

根元の何もしていない地毛部分。

そして、ブリーチをしてピンクやらなんやらを入れてた部分。

この二つの状態は、全く素材が違うということになります。

それを同じような色味、明るさに仕上げるということ。

想像してみてください。片方は真っ白でちょっとザラザラした画用紙、もう片方はツルツルで水を弾く真っ黒の紙。その二つを絵の具やらペンキを使い、全く同じ色、質感に出来ると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

 

ズバリ、

イッツァ ディフィカルト!!!!

 

 

しかし、僕はどこにでもいるような男ではありません。誰よりもまず撫で肩だし、集中すれば目薬だって一発でさせる。

 

ノープロブレム。

僕はお客様にそう言って、施術を開始しました。

 

 

根元とブリーチ部分には全く違うカラーの配合をし、同じ色になるようにしました。

 

 

こちらをご覧ください。

 

 

 

 

イッツァ アメイジング。

ワァオ。イッツァ ビューティフル。

 

イエス。アイアム ア ペン。

 

 

 

 

 

よかったら、ぜひご参考くださいませ。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スーパーダークなカーキグレーカラーの透明感。

ブラックグレーの透明感カラーであなたの心はセントバーナード。

PAGE TOP