Loading

BLOG

クセと傷みを改善するサラサラ髪質改善ストレート。

 

今回はクセと傷みがとても激しい状態の髪をストレートパーマの技術でサラサラのサラサーティにしましたのでご紹介致します。

強いクセと毛先の傷みを同時にサラサラにするストレートパーママママ。

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。新田真剣佑に間違えられたことが1回もありません。

 

報告もなしにいつのまにか2月になってました。いやー、ほんま、時が過ぎるのが早いこと早いこと。今年も残り330日ちょいになりましたね。

2月と言えばバレンタインデーに、バレンタインデー。そして、そう。バレンタインデーがありますね。

バレンタインデーといえばチョコレート。チョコレート、ぼく、大好き。

甘いもの。大好き。

 

さらに言うと、甘いものを食べたあとに食べるラーメンが好き。

そして、それを食べている僕を見ている隣のカウンター席に座っている仕事帰りの知らないサラリーマンを陰ながら支えている奥さんの実家の犬が好きです。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、まぁ、本題に入ります。

 

 

こちらをご覧あれだ。

 

 

 

全体的に広がりがあり、根元には強くて激しいクセが。

 

お客様は、「何をどうしても広がる。まとまってほしい。」とおっしゃっていました。

 

僕は答えました。

「まとまろう。合唱コンクールで入賞したときのような、あのクラスのまとまりのような。」

 

 

 

 

 

 

お客様「、、、なんて?」

 

 

僕「なんでもありません。」

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで施術を開始しました。

 

強いクセに対する薬剤のレシピ、そして、広がりを抑えつつ、ダメージを蓄積しない薬剤のレシピを考えました。

 

考えに考え、途中「焼き鳥」のこととか考えちゃいましたが、速やかにレシピを配合し、施術を開始しました。

ストレートパーマの施術は、医者でいうオペです。細心の注意が必要であり、繊細な技術が必要です。そして、スピードも大事。ちんたらやっていては、髪に負担がかかり、後遺症が残ったりとベストを尽くせず、最悪の場合お尻が二つに割れる可能性も充分あるでしょう。

全ての場面において、高い技術、経験、知識が必要不可欠なのです。

僕にそれらが備わっているのか?

僕は自分の胸に手を当て、目を閉じ、自問自答しました。

 

ゆっくりと深呼吸し、答えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「焼き鳥が食べたい」

 

 

 

 

そう。僕は今、焼き鳥が食べたいのだ。とにかく、焼き鳥とビールがほしい。

 

ということで、

 

 

 

はい。綺麗綺麗になりました。

 

 

あはははははー。

エッヘッヘへへ。

 

 

 

 

よかったら、ぜひ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大きなわんこに会いまふた。

パーマ失敗でダメージが半端ないツヤがない髪をストレートパーマでサラサラに。

PAGE TOP