Loading

BLOG

ブリーチなしハイトーンスモーキーアッシュやで!

 

こんばんは。

原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。

 

高校の時、英語の女性アメリカ人先生に、「マスミ」ではなく、ずっと「マッサァミ」と呼び続けられました。

 
 
 

アメリカ人先生「ヘイ!マッサァミ!ドゥユーアンダァステェアンド!?」

 
 
 

マッサァミ「、、、、、、、、ノー、、、

 
 
 
 
 
 

これもまた、よき思い出。

 
 

さて、今日も寒空から小雨が降り続けるいい天気ですが、僕のブリーチなしハイトーンスモーキーアッシュカラーの話を聞いていただきたい。

 
 

「明るめのアッシュカラーにブリーチなしでしたいな。」

そんなことを電車の待ち時間に思い、検索してくれてここに辿り着いた君と高校のアメリカ人先生に言いたいのは、俺氏はマッサァミではなく、真澄だ。ということ。

 

明るめになればなるほどブリーチなしで綺麗な赤みのない透明感溢れるアッシュにするのは、わりと難しいとされています。

しかし、ルフィと同じように2年間レイリーの元で修行を積んだ僕は、覇気とアッシュカラーの真髄を極めました。

 

こちらをご覧くださいませ。

 
 

 

この時、僕は覇王色と覇気と灰青色の覇気を使い、このアッシュカラーを完成させました。

 
 
 
 
 
 
 
 

ここまで読んで、こいつ意味わかんなくね?と思ったあなた。

 

僕も同意見です。

 
 

 

明るくしながらスモーキーなアッシュを入れていくのはなかなか難しいのですが、経験と技術、さらに知恵や経験、技術を駆使しながら染めさせていただき、その髪質に合った最大限アッシュが強く出るオリジナルレシピを考案し、とてもナイスなアッシュになるのです。

 

そしてもちろん、赤みやオレンジみは、スーパー滅殺仕様です。容赦なくぶっ飛ばします。

 
 

 
 

 
 

ンフォフォ。

こんな感じが好きな方、ぜひご参考下さい。

 

人気ブログランキング

  

メニュー&プライスはこちら

ご予約&アクセスはこちら
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161507

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カラーとパーマで傷んだ髪を髪質改善ストレートパーマでサラツヤに。

スモーキーなラベンダーアッシュカラーをブリーチなしで。

PAGE TOP