Loading

BLOG

【明るめ〜暗めまで60選】ブリーチなしのアッシュグレージュカラー

間違いなく最近のトレンドカラーである「アッシュグレージュ」。今回、この記事では、アッシュグレージュって一体どんな色なの?ブリーチなしでも出来るの?染まりやすい髪質は?明るめだと、どんな感じ?暗めだと、どんな感じ?色持ち、色落ちの過程は?普通のアッシュとは何が違うの?といった疑問を、アッシュをこよなく愛しアッシュに愛された男(It’s me!!)が、わかりやすく徹底的に解説させていただきます。

アッシュグレージュカラーの魅力


わたくし、原宿、表参道でフリーで美容師をしている楠本真澄です。お気づきかとは思いますが、漢字4文字変えると「菅田将暉」になります。

さてさてさて、少し前から徐々に人気になり今となってはド定番になった大大大人気カラー「グレージュ」。この記事を今見ているあなたもきっと、グレージュにしたい!ブリーチなしで、グレージュにしたい!グレージュに染めて、綺麗になりたい!そのあと、イケメンと飲みたい!と思っていることだろう。

実際にカウンセリングの時は多くのお客様からのご要望があり、お客様が頻繁におっしゃるワードランキングでも、1位「アッシュ」2位「透明感」3位「ゾーンディフェンス」に次ぐ4位にランクインしている。
今回はそのグレージュカラーについて、詳しくご説明致します。明るめ〜暗めまで40スタイルご用意しており、インナーカラーやグラデーションカラー、そしてハイライトを入れたグレージュもご紹介させていただきますので、ぜひご覧ください。

グレージュってどんな色?
そう。「それな」って感じですよね。まずはここからですよね。スバリ言うと、グレージュとは「グレー」「ベージュ」を合わせた色です。つまり、グレーベージュです。そしてそれを日本人特有の「略し」でグレージュになったわけですね。重厚感のあるグレーというカラーにベージュという柔らかい要素が加わり、「柔らかいグレー」という感じになったのがグレージュなのです。柔らかいグレーなんて可愛い過ぎますし、それだけで白メシ3杯はいけますよね。違うか。

グレージュはブリーチなしでも出来る?染まりやすい髪の状態は?

そう、そこなんですよね、結局は。あなたがこの記事を見ているということは、ブリーチをして傷ませたくない、だけど、グレージュにしたい、という希望があるが、果たしてそれが出来るのかい?出来ないのかい?どっちなんだい?という疑問が頭から離れず夜もコーヒー飲んで眠れない、という状況なことだろう。

早速答えですが、「出来ます」。楽勝です。僕の手にかかれば、楽勝です。6-0です。

しかし、それには髪の状態が大事で、ある程度条件があります。もちろん一人一人髪の状態や髪質が違いますので実際の判断は目で直接見てからの判断になりますが、いくつか挙げさせていただきます。

  • 濃い黒染めをしていないこと。
    これは、まず1番大事な条件になります。市販、美容院問わず濃い黒染めを使用している履歴がある場合、難しい場合があります。しかし、あくまで場合ですので、担当の美容師さんにまずはご相談ください。
  • 染める前の状態が明るければ明るいほどいい
    これは条件というよりかは、より良く綺麗に染まるには、ということです。カラーを繰り返しているとベースが明るくなってきますが、この明るさが明るければ明るいほどグレージュは入りやすいです。もちろん、地毛である黒髪からでも染まりますが、その場合髪質に左右されますので、ハイライトなどを入れつつ色を入れるのもありですね。

カラーを繰り返し行えば行うほど、ベースが明るく安定してきます。つまり、黒染めをしていなければどんな髪質でも回数を重ねればグレージュに出来る、ということですね。

グレージュの印象、普通のアッシュとの違い

グレージュは、とにかく透明感と柔らかさ。これがダントツです。日本人の髪質特有の赤みやオレンジみを徹底的に無くし、寒色系にもっていきますが、寒色系特有の重厚な感じではなく、柔らかく、軽い、ふんわりとした印象ももたらせてくれます。

アッシュとは青色、青紫色がベースに対して、グレージュは、青色や青紫色にプラス「モノトーン」が加わります。グレーというか、モノトーン。グレーをもっと軽くした色が加わるイメージです。つまり、アッシュとの違いは、柔らかさと軽さ、透明感になります。

明るめ~暗めまで60選!レベル別アッシュグレージュカラーのヘアスタイル

これからは実際のアッシュグレージュカラースタイルをご覧いただきます。きっとあなたの好きなスタイルが見つかるはずです!たくさんあって迷ってしまうかもですが、それもまた一興。では、どうぞ!

明るめのアッシュグレージュカラー(10〜14レベル)


明るめのブリーチなしグレージュカラーはベージュのニュアンスが強くなる傾向にありますね。明るめに設定するのであれば、レシピの考え方としてはモノトーンは少なめ、アッシュグレーをベースにして配合しましょう。そして、ブルーやグリーンでガツンと赤みを抹消しましょう。

中明度のアッシュグレージュカラー(7〜10レベル)


中明度のグレージュは、正直かなりいい感じに染まります。明るさ、色味のバランスが非常に良いです。レシピの考え方として、モノトーンとアッシュを1:1をベースに補色を加えていくと効果的でしょう。

暗めのアッシュグレージュカラー(5~7レベル)


ダークグレージュと言われる暗めゾーンでは、暗めでも透明感を出すことに重きを置いたほうが良いですね。つまり、モノトーンベース、アッシュと補色ちょっと、ってイメージですね。

 

アッシュグレージュのグラデーションカラー

アッシュグレージュのハイライト&グラデーションカラー

アッシュグレージュのハイライトカラー

アッシュグレージュのインナーカラー

 

アッシュグレージュカラーのレシピ・配合の考え方
基本的に、アッシュベースにモノトーンな色味を加えることになりますが、もちろん、お客様一人一人の髪質と髪の状態は十人十色ですので、それに合わせた配合になり、ブリーチなしで行う場合はとにかく髪の中の赤みを消すために、ブルーとグリーンを巧みに操り配合していく必要があります。

しかし、色味が強いブルーやグリーン、アッシュを強調し過ぎると、グレージュ特有の柔らかさ、透明感が失われますので、本当に一人一人に合わせてバランスを取り配合しなければ、いいグレージュには染まらないでしょう。

ブリーチなしで赤みを抹消する色味を使用しながらモノトーンを混ぜ薄くし柔らかさと透明感を、というのがグレージュに染める上での大切な配合の考え方ですね。

アッシュグレージュカラーの色持ち、退色の過程

結論から言うと、正直アッシュグレージュカラーの色持ちは、よくはありません。透明感を出そうとすればするほど色持ちはよくはなく、アッシュ系自体も分子の関係で色持ちは良くはありません。髪質、状態、仕上がりの明るさによりますが、持って1ヶ月ですね。色持ちをよくしたい場合は、仕上がりの明るさをやや暗めにする、シャンプーをいいやつにするなどの対策が必要でしょう。

そして、色が落ちていく過程ですが、もちろん状態や髪質によりますが、染め上がりより徐々に明るくなっていき、黄色っぽく、または茶色っぽくなってしまうでしょう。ですので、色持ちをよくしたい場合、退色後の黄色っぽい感じや茶色っぽい感じが嫌な方は、1ヶ月以内の周期で染め続けるといいでしょう。グレージュが抜け落ちる1ヶ月以内に染め続け、グレージュを重ねに重ねていくと、必ず次第に定着し色が落ちにくくなりますので、色落ちしたくない方は出来ればそうしたほうが賢明です。

 

まとめ

今回、このようにアッシュグレージュカラーをご紹介させていただきましたが、とにかく、僕はこのグレージュというカラーが大好きで、染めるのが毎回毎回ワクワクして楽しいです。この記事を読んで、かなりグレージュのことを理解されたと思います。ブリーチなしで出来るが、色落ちが早いとか、染める前の状態が大事とか、色々とありますが、ぜひこのアッシュグレージュに染めてカラーライフを楽しんでいただければと思います。

柔らかグレーと透明感。アッシュグレージュ。よかったら、ぜひ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブルーのハイライトと暗めグレージュのコントラストがヤバたん!

半端ねぇ透明感!ブリーチなしのラベンダーアッシュグレーカラー!

PAGE TOP