Loading

BLOG

デジタルパーマかかり過ぎによる失敗をストレートパーマでサラサラに。

今回はデジタルパーマで盛大に失敗した状態の髪を、僕の持てる技術と経験、知識、切なさ、もどかしさを遺憾なく発揮しサラサラのストレートに直しましたので、ご紹介します。

 

デジタルパーマかかり過ぎで失敗!ボロボロになった髪を髪質改善ストレートでサラサラに。

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。趣味は鼻呼吸と口呼吸です。

 

梅雨が早めに終わり、日本中を猛暑が襲っているある昼下がり、1人の女性がご来店になった。

 

女性は、どこか元気がないように感じた。

軽く挨拶を済ませようとすると、女性のほうから声がかかった。

「はじめまして楠本さん。はじめましてで大変恐縮なのですが、死にたいです。」

 

僕はびっくりした。まだ若く、これからの長い人生を有意義に過ごすであろう綺麗な女性が、なぜ。

話を聞くと、「なるほど。それな。」と言わざるを得なかった。

夏と言えばパーマでしょ!という軽いノリでデジタルパーマをあてがいに意気揚々と美容院に出かけ、帰る頃にはどうやって死のうか考えていたという。

 

デジタルパーマの、かかり過ぎによる、失敗。

 

髪を見て、個人的な見解で状況をまとめると、

  • 細かいロッドでグリグリに巻いた
  • 髪の状態に合わない強い薬液を使用した
  • ロッドを高温に設定し時間を長く置いた
  • ラブラドールレトリバーは、可愛い

憶測だが、そのような施術をしたのだろう。

 

こちらをご覧いただきたい。

 

 

もし、あなたがこの状態で合コンに行ったならば、盛り上げようとしてちょっとした冗談を言ったところで、「おいおい。冗談は髪だけにしといてくれよ。」と言われかねない。

このままだと、勝てない。合コンも然り、他のことも、然り。

見ての通りボサボサのジリジリだが、僕はそういう髪を幾度となくサラサラにしてきた。任せて、と一言だけ言い、シャンプーをした。

 

 

ちょ、まっ、待って。

いや、めっちゃすごいやん。

 

かかりまくっとるやないか。

 

正直、僕は、心の中で思った。

 

 

「なんだ、これは。」

 

 

しかし、僕はプロだ。プロの中の、プロだ。プロミスだ。やっぱり君達は、プロミスだ。

 

そんなこんなで、僕は、施術に取り掛かった。

ちなみに、施術中に僕の脳の中でかかっていた音楽は、宇多田ヒカルさんの「道」だ。スーパーお気に入りの曲だ。聴いてたら、涙が出てくるときもある。そういう歌を、宇多田ヒカルさんは、歌う。素晴らしいシンガーだ。

 

 

 

 

そのおかげもあって、

 

 

 

こんなにも、綺麗になりました。

 

ブローやアイロンは使用していない仕上がりです。乾かしただけで、素晴らしくサラサラに。

 

 

 

 

 

よかったら、ぜひ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

圧倒的透明感なブルージュカラーをブリーチなしで。

明るめマットアッシュの透明感カラーであなたの心はズッキーニ。

PAGE TOP