Loading

BLOG

ブリーチなしの明るめマットグレージュカラーが素敵。

今回は圧倒的な透明感と色の強さを表現したマットグレージュカラーをご紹介致します。明るめなのにブリーチなしで染めれるし魅力たっぷりプリプリポリポリジェノベーゼカラーですので、ぜひご参考ください。

 

ブリーチなしのマットグレージュなハイトーンカラー。

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。僕が傘を持つ時、それは、天気予報で雨が降る予報がでた時と、雨がもう降っている時と、雨が降っていたけど、もう止んで、持って帰る時だ。

 

今回のマットグレージュカラーは、一言でいうと、かなり透明感があって明るめなのにブリーチなしで出来て透け感もある。なのに、色味自体は強く発色しており赤みが一切ないTHEアッシュなカラー、なのだ。

 

こちらをご覧ください。

 

 

なんて、こったい。素晴らしい。あまりの素晴らしきカラーを目の当たりにしたあなたは、興奮のあまり近くのバスケットコートに走りダンクシュートを決めに行ったんじゃありませんか?しかし、やはり、ダンクシュートはゴールが高過ぎて届かない。そうして落ち込んでうなだれているあなたに、僕はこう言いたい。「落ち着こう」

 

なぜ、僕がこんな風に、ブリーチなしでも綺麗なアッシュやグレージュを発色出来るのか。あなたはポテチを食べながら2秒間、そう思っただろう。

その疑問に答えるならば、あの話をしなくてはならない。

 

あれはそう、もう何年も前の、1週間前のこと。僕は、カレーを食べたかった。その時の僕のカレーの食べたさは、インド人をも凌ぐ勢いだった。

あぁカレーが食べたい。カレーを食べなければ、命を落とすかもしれない。そんなことを思いながら、街を彷徨った僕に飛び込んできた店があった。

正真正銘の、カレー屋さんだった。しかも、僕が求めていた、カレー屋さんだった。

店自体は小さく、カウンター10席くらいに、テーブル席2つ。メニューはカレーのみで、店の外には今日のカレーの種類が黒板に手書きで記されており、店の周りはカレーの美味しそうな匂いに冒されていた。

まとめると、こじんまりとした昭和の雰囲気漂う隠れ家的な本物のカレー屋さん。

僕は思った。「なんて、こったい。」と。

求めてた。これを求めてたんだ。真夏のサッカーの試合の合間に飲むキンッキンッに冷えたスポーツドリンクと同じくらいの、求めてたさ。

店に入りカウンターに腰掛け、店内を見渡す。おそらく夫婦だろうか、調理はおじさん、ホールはおばさんがやっていた。素晴らしい雰囲気だ。そう思った僕は、メニューを見る。どんなカレーがあるのかと、、、、ん?

 

なるほど。なんということだ。

 

 

ここは、激辛カレー屋さんなのか。

 

なるほど。唐辛子マークが、いちにーさんしーご、、、、ふぁ。

僕は、辛いのがダメだ。餃子のタレにも、ラー油をかけない。辛くて。

店、盛大に間違えた。しかし、もう目の前にはお冷とサラダが運ばれてきている。万事休すか、、、と思ったら、なんと、辛くないカレーが、一品だけあるではないか。僕は、それを頼んだ。辛くないカレーだったら、大丈夫。辛くないカレーにも唐辛子マークが一つあるが、まぁ、大丈夫だろう。

そして、食べてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あん、これ、

 

かっらい。

 

 

 

 

辛いよ、これぇ。

 

 

 

辛くないカレーは辛かった。でも、それでも、そのカレーは、かなり、とても美味しかったのだ。

 

 

その経験を活かし、僕はブリーチなしのマットグレージュカラーを染めている。

 

 

 

よかったら、ぜひ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ああん、わんたぁぁぁあん!!

アッシュグレージュのフワフワポニーテール。

最近の記事

  1. あぴゃ。

    2019.02.13

PAGE TOP