Loading

BLOG

2018春カラー!明るめのオリーブベージュをブリーチなしで!

今回は春に向けて、というかもう春ですが、明るめのオリーブベージュカラーをご紹介致します。ブリーチなしで出来るので、お気軽にチャレンジできます。ぜひ、ご覧くださいませ。んふ。

2018年、春カラーな明るめオリーヴベージュをブリーチなしで染めました。

 

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。お気付きだとは思いますが、漢字四文字変えると「野村周平」になります。

 

 

春です。いつの間にか、春です。ちなみに僕は、女優の波瑠さんが好きです。

春といえば、満開に咲き誇る桜、暖かな陽射し、心地良いそよ風、二つに割れたお尻、そして、オリーブベージュカラー。

お客様に、春らしいカラーを、とのオーダーを受けた僕は、自信満々に「任せて」と告げましたが、噛んでしまい「メルボルン」と言ってしまいましたが、お客様は暖かな眼差しで「は?」と言っていただけたので、良かったです。

春の暖かな陽射しをイメージし今回オリーブベージュにしたのですが、ブリーチはしないため、明るめでありながら色味しっかりなカラー剤の配合にさせていただきました。

このように、ブリーチなしで明るめの色味しっかりに染める場合、実は結構難しく、普通の茶色みたいな色になりやすいのが現状。

しかし、僕は、違うのだ。

ブリーチなしでアッシュ系、ベージュ系にするために、様々な努力をしました。

インサイドパスの練習から始まり、トラップ、ドリブルの精度をとにかく上げました。どのようなボールがきてもピタッと吸い付くようなトラップ。ボールを取られないためのターンやタッチ。フェイントをかけて一瞬で抜け出すドリブル。コースを狙ったシュート。鮮度を損なわない包丁さばき。それらを毎日のように高い意識で繰り返し、自分の技術にしていく。

そうすることによって、サッカーが上手くなr、間違えた、綺麗で明るいオリーブベージュに染まるのだ。

 

 

 

よかったら、ぜひ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピンクグレージュな髪色。

ダークアッシュとは、それはつまりスリーポイントシュートのような感じ。

最近の記事

  1. あぴゃ。

    2019.02.13

PAGE TOP