Loading

BLOG

ブリーチなしで出来る限界の明るさで再現したアッシュベージュ!

今日は、ブリーチは使わずにカラー剤のみで最大限明るく染めたアッシュ系のカラースタイルをご紹介致します。

決してうんことうんちの違いをご紹介する記事ではありません。


こんばんは。原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。

初めて会った人に「痩せた?」と言われたことが最近の嬉しかった出来事です。

 

カラー剤で出来る限界の明るさ

 

カラー剤のみで染めたらどのくらいの明るさに出来るの?と疑問を持ち、悩み過ぎて1日3食しか食事が取れなくなっているあなたに、僕がお教えしましょう。

 

答えは、

  • 14レベル〜15レベルです。

 

どのくらいかというと、


まぁ、これくらいです。

 

しかし、あくまで「髪質」によります。

 

髪質は必ず1人1人違いますので、「誰もが写真のような髪色になるのか?」と聞かれれば僕は「犬を飼いたい」と答えるでしょうが、精一杯明るくして写真の明るさが最大です。

写真のお客様の髪質は、1番明るくなりやすい髪質なので、これが限界、ということになります。

 

色味は、アッシュベージュに。

 

明るいアッシュにする際(今現在の明るさよりももっと明るくしたい場合)、問題が1つだけあります。

  1. アッシュが入りにくい。
  2. ややダメージがある。

です。

 

明るくするときは、基本メラニン色素を破壊しながら染めていくため、ダメージを伴います。

そして、そのメラニン色素を破壊しながらのカラーは、色味が薄く入る傾向にあります。

 

では、

このように綺麗過ぎる髪色には出来ないのか?という疑問があります。お答えしましょう。

 

僕なら、出来ると思う。

 

ってことです。

 

なぜ君なら出来るんだい?とあなたは思うだろう。それは、

  • アッシュに特化している
  • ドラマは録画してちゃんと観る
  • 目覚ましのスヌーズは怠らない

からだ。

 

まぁ、そんな感じです。

こんなアッシュベージュにしたい方は、ぜひ。

 

メニュー&プライスはこちら

ご予約はこちら

アクセスはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

シルバーな質感!マットアッシュカラーをブリーチなしで。

ダークアッシュカラーのナイスな透明感であなたの心はバングラデシュ

PAGE TOP