Loading

BLOG

ラベンダーアッシュカラーのツヤと透明感と愛しさと切なさと心強さと。

世のラベンダーアッシュ好きのみなさま、ご機嫌よう。今回はブリーチなしで染めたとてつもなく綺麗なラベンダーアッシュカラーを紹介したい。この記事を見終わるころには、期待に胸が膨らみまくって絶叫しながら気絶する恐れがあるため、注意するように。

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄と申します。滑舌が残念なほうです。

 

ブリーチなしのラベンダーアッシュカラー。

 

ラベンダーは、そのイメージのまま、紫のイメージがあります。しかし、僕のラベンダーアッシュのラベンダーは、ややピンクがかった紫になります。これは、単純な紫よりピンクが入った紫のほうが可愛い、という完全に個人的な意見でそうさせていただいております。

当ブログでも、数々のラベンダー系のアッシュをご紹介しておりますが、今回は、ラベンダーがやや強めです。というのも、ラベンダーアッシュといえど、ベースはほぼアッシュで、ラベンダーはニュアンス程度でした。ラベンダーをベースにもってくるとかなり暖色よりになりアッシュは微塵も感じなくなるからなのですが、今回、お客様の気分的にいつものラベンダーよりもちょいラベンダー強めでよろ、みたいな感じでしたので、それに対して僕も「それな」的な感じで施術させていただきました。

 

そんなラベンダーアッシュがこちら。

いかがでしょう。

あなたはこの髪色を見てどう感じるだろうか。「まぁ、普通の髪色やな。」と思ったなら、僕は叫びながらあなたを一本背負いすることなるだろう。

よく見てご覧になっていただきたい。

この美しさ、ツヤ、透明感、色の深み。

 

な、なんだって?まだわからない?

そんなあなたにはもう寝てる間に両手指と両鼻に湿気ったとんがりコーンをブッ刺さなければならないだろう。

 

ラベンダー、ピンクの鮮やかをそのままに、アッシュやモノトーンで深み、透明感を出す。しかもこれをブリーチなしで綺麗に発色させること。実はなかなか、難しかったりする。しかし、僕はそれをやるのだ。

 

 

 

良かったらこんな髪色も、ぜひ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

やや明るめのスモーキーグレーカラーをブリーチなしで。

昨日はあれでしたね、サッカー日本代表戦

PAGE TOP